忍者ブログ

寺子屋フルメタルイノベーションZ

これまでに見たアニメとか映画とか、読んだ本とか、そういうのの簡単なレビューを書いていこうかなと思っています。といっても、もとは日記のブログなので、やっぱり初心忘れずって感じで日記っぽいのもたまに書いていきます。お風呂で泳ぐです。

   

無題

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2753408.html

「400年前の地震と類似?古文書に予測の手がかりは」

「今回の熊本地震は、観測史上、例を見ない形で震源地が移動しているといわれています。予測の難しい今後の地震活動ですが、歴史にその手がかりを探すことはできるのでしょうか。

 被害の大きかった場所の1つ、熊本県西原村。村は、今回、大きな揺れを引き起こした布田川断層帯の上に位置しています。住民男性が見せてくれた村の郷土誌にはこう書かれていました。

Q.布田川・日奈久断層が1200~1500年前ごろに活動していたと?
 「予測してあったな。布田川断層を抱えているので、この辺りは大地震に見舞われるという認識はみんな持っていたと思う」(住民男性)

 断層があると認識しながらも、「まさか来るとは思わなかった」といいます。」




うーん。
現代科学より、古文書の方がより正確に危険を特定できそうな件について詳しく。
PR

Review

ちょっと整理しようと思って昔のブログを読んでみたら、今読んでる本の紹介とかしてたのを発見。
きちんとアマゾンのURLも使って、紹介の手間かけてるなぁと我ながら感心したのだが、そこにあったのは何故か「骨盤ダイエット」の本。


こんな本読んだ覚えねーよーwwwwwwwwwwwwwwww


原因はおそらく、年数が経ってアドレスが変わったためと思われる。
にしても、骨盤ダイエットはねーよ……。
しかも、当時何の本を読んでいたのかについては、アマゾンURLしか貼っていなかったため、わからずじまいときたもんだ。
テキストでタイトルも入れておくべきだったなあと反省。

2016年冬アニメ感想

2016年冬アニメがぼちぼち完結したのが出てきたので、ここらでまた一つ感想を。

評価手法は次の通り:(S(90点以上)>A>B>C>D>E(10点以下))

S この素晴らしい世界に祝福を!
A+ 僕だけがいない街
C  ノルン+ノネット
B+ ハルチカ~ハルタとチカは青春する~
B+ 少女たちは荒野を目指す
C- アクティヴレイド 機動強襲室第八係
A- 昭和元禄落語心中
C  だがしかし
C- Dimension W
A  灰と幻想のグリムガル
C+ 蒼の彼方のフォーリズム
C- 亜人
B- 暗殺教室~二期~
A  赤髪の白雪姫~二期~


以下、簡易レビュー。


S この素晴らしい世界に祝福を!

まだ最後まで見ていないので暫定評価ではあるものの、内容はとても面白い。
ファンタジー系のパロディという、比較的斬新な設定のため、随所に笑える要素が詰まっている。
また声優さんの演技も素晴らしいので、見ていて引き込まれてしまう。



A+ 僕だけがいない街

毎回楽しみにしながらストーリーを追った。
多少テンポに遅さを感じることもあったが、逆にじっくり楽しむという点においては、それが良かったのかもしれない。
伏線の回収に期待していたが、その辺はうまく解決されていなかった。これだけが残念。
しかし総じてとても面白い内容なので、A+の評価。



C ノルン+ノネット

一言でいえば、大きな大砲をぶっ放してしまったんだけど、回収しないまま荒廃した状態で終わった、そんな感じの作品。
世界観は申し分ない。
問題なのはプロットとキャラ設定。
伝えたいものは何となくわかるので、この辺がもったいなかったと思う。



B+ ハルチカ~ハルタとチカは青春する~

音楽アニメ、かと思いきや、推理音楽アニメだった、かと思いきや、推理ドタバタアニメだった。
面白い回もあったが、すごく面白いかと言えばそうでもないのがつらいところ。
ただ、面白くないかといえば、そうでもないのがまた難しいところ。
そんな作品。観ておいて損はない。



B+ 少女たちは荒野を目指す

エロゲーを作ろうと奮闘する高校生たちを描くわけだが、これが多少生々しいところもあって、見ていて楽しかった。
他は特に可もなく不可もなく。



C- アクティヴレイド 機動強襲室第八係

一話完結型で途中それなりに面白い内容のものもあったが、最終話が近づくにつれて微妙に。
キャラも一部を除いて描き切れていないように思った。



A-  昭和元禄落語心中

昭和の落語家の物語。
人間関係の葛藤などが描かれており、今期の他のアニメ作品としては異色かもしれない。
内容についても面白いのだが、テンポがいまいち。
その物語を挟む必要性があったのか?という疑問が湧くものもあった。
と辛口だが、面白い部類だと思う。結果としてA-の評価。



C だがしかし

毎回、一つ二つの駄菓子をテーマに繰り広げられる、駄菓子コメディ。
なのだが、話の内容がどれも同じ。
葛藤とかそういうのはない。
懐かしさが手伝って、なんとか見られたが、それがなければ目も当てられないレベルだったかもしれない。



C- Dimension W

切れ切れのダンスのおっさんのドラマ。
主人公はおっさんではなく、ロボットの女の子にすべきだった。
魅力あるおっさんならともかく、いまいちなのだ。
ついでにいえば、内容もいまいち。



A 灰と幻想のグリムガル

リアリズムの視点を入れた、ファンタジーアニメの模様。
そのため、グロさや生々しさがあるが、それを耐えても凌駕する魅力がある。
ただし、このペースを続けられると、ちょっときついかもしれない。



C+ 蒼の彼方のフォーリズム

ストーリーは微妙。キャラ作りはそれなりにしっかりしている。
なんとなくの楽しさで最終回まで引っ張ってくれた。
最終回のフライングサーカスは観ているだけでも楽しくなるような感じにさせられる。



C- 亜人

視聴途中。
世界観はしっかりしているのだが、テンポが遅い。
キャラつくりは悪くないが、特筆すべきほどでもない。
グロ系が好きな人は楽しめると思う。



B- 暗殺教室~二期~

視聴途中。
前期に引き続き、ストーリーはしっかりしている。
しているのだが、前にも増して微妙な回がちらほら出てきた。
それでも安定してみていられる内容ではあるので、B-の評価。



A  赤髪の白雪姫~二期~

ゼーーーーーーン!
と叫ぶ女の子のCMがかわいいアニメ。
前半では、のほほんな感じの展開が続くが、途中で急展開。
後半になると、前期にもまして、白雪とゼン王子の関係がさらに進展してゆく。
第三期が楽しみな作品である。


と、こんな感じだろうか。


2016年春期アニメ

2016年春期アニメが始まってから少しばかり経ったので、ここらでひとつ感想を。

評価手法は次の通り:(S(90点以上)>A>B>C>D>E(10点以下))

C+ ノルン+ノネット
A- ハルチカ~ハルタとチカは青春する~
B+ 少女たちは荒野を目指す
D+ アクティヴレイド 機動強襲室第八係
A  昭和元禄落語心中
A+ 僕だけがいない街
C+ だがしかし
C- ブブキブランキ
C- ラクエンロジック
B- Dimension W
B+ 灰と幻想のグリムガル
C+ 蒼の彼方のフォーリズム
A+ この素晴らしい世界に祝福を!
B- 亜人


以下、簡易レビュー。

C+ ノルン+ノネット

ひとりぼっちの特殊能力を持った女子高生?が天上に浮かぶ島?で暮らす物語、の模様。
まだ始まったばかりなので、大きな展開にはなっていないが、ちょっと期待できそうな気もするのでこの評価。



A- ハルチカ~ハルタとチカは青春する~

音楽アニメ、かと思いきや、推理音楽アニメだった。
主人公の影が薄いのが切ないところだが、今後出番も増えると思う。
ちょっと楽しみな作品。



B+ 少女たちは荒野を目指す

エロゲーを作ろう!とがんばる高校生たちの青春物語?
設定が面白く、これも今後に期待できそう。



D+ アクティヴレイド 機動強襲室第八係

ロボットアニメの模様。
なんとなく微妙な気がするが、とりあえず視聴継続している。



A  昭和元禄落語心中

落語家の物語。
この手の話にありがちな、ムショあがりの若者が更生して落語家になる、いわゆる成長物語かなと思いきや、ちょっとニヒルな師匠の話に移り変わったのにびっくり。
そういう展開で来たかと、ちょっと意表をつかれた。
だが、それが面白い。
今期楽しみな作品のひとつ。



A+ 僕だけがいない街

今期1,2の出来を争うアニメになりそうな予感。
色々と伏線が張ってありそうな展開なので、そういうのを意識してみるのも面白ろそうだ。



C+ だがしかし

駄菓子をテーマにしたアニメ。
それ自体は面白いのだが、内容がぶっ飛んでいる。
たまに展開についていけないのに困るが、そこがいいのかもしれない。



C- ブブキブランキ
C- ラクエンロジック

今期はちょっと当たりのアニメが多そうなので、いつもなら続けてみるところだが、一話で終了となってしまった。ちょっと残念。


B- Dimension W

このアニメを一言でいえば、オープニングでおっさんが切れ切れのダンスをかますアニメ。



B+ 灰と幻想のグリムガル

ファンタジー系のアニメ。
ただし意外とグロテスクでもある。
ちょっと楽しみな内容なので、今後に期待。



C+ 蒼の彼方のフォーリズム

雰囲気が楽しそうなアニメ。
空飛ぶ靴が常用化されている学校を舞台に、なにやらハリーポッターのクリケット(だっけ?)のような遊びが展開されている。
キャラ同士の掛け合いがほのぼのしている。



A+ この素晴らしい世界に祝福を!

今期1,2を争う出来になりそうなアニメの一つ。
ファンタジー系で、シリアスな展開はなく、楽しく見られる感じだ。



B- 亜人

ダークな世界観でグロテスク。
ちょっと苦手な系統だが、ストーリーはしっかりしていそうな感じ。


今期はこんな感じか。
あとは暗殺教室と赤髪の白雪姫の第二期がここに入ってくる感じになりそう。
うーん、ちょっと多すぎるなぁ……。
まあ、ある種の暇人なんで、全部見るつもりだけど!

アニメレビュー 2015~2016

ずいぶんと遅くなってしまったが、2015年冬期アニメのレビュー。

評価手法は次の通り:(S(90点以上)>A>B>C>D>E(10点以下))

D-  アクエリオンロゴス
B+   ヤング・ブラック・ジャック
A-       ワンパンマン
B      アニサン劇場 今際の国のアリス
D   ランス・アンド・マスクス
C+  K return of King
B   落第騎士の英雄譚
C+  対魔導学園35試験小隊
B   俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件
A-  ノラガミ
A-  アルプス物語 わたしのアンネット
S   牧場の少女カトリ

ちなみに、ようやく見終えた2015年秋期アニメの評価は以下の通り。

S がっこうぐらし


といったところです。
以下、それぞれの作品に関するコメント。


D-  アクエリオンロゴス

いまいち。ストーリー構成はそれなりにしっかりしているのだが、それだけ。内容の面白さに欠けるのだ。一昔前のワンパターンを繰り返すタイプの戦いもの、すなわちウルトラマンとかそんな感じだろうか。後半、急展開があるものの、すぐさま沈下。微妙な話は最終話まで微妙なまま進んでいった。


B+   ヤング・ブラック・ジャック

当時の時事ネタをもとに、医療界の腐った面をそこはかとなく抉り出すブラックジャックの良さは本編でも継続している。毎回安定して楽しめたが、たまにグロイのが切ないところ。


A-       ワンパンマン

初回こそ、なんだこの糞パロディアニメと思ったが、徐々にハンターハンターのような設定が少しばかり混入し、面白さが出てきた。結果、大幅に評価を上げてのA-評価となる。また、エンディングテーマも切なくてよい。


B      アニサン劇場 今際の国のアリス

3話で終了してしまい、4話目には姉と弟のブラコン?ものが始まってしまい面食らった。3話までの評価は上記の通り。


D    ランス・アンド・マスクス

絵は可愛らしく、パステルカラーな感じで落ち着いているのだが、ストーリーの内容がいまいちだった。


C+  K return of Kings

こちらも絵がとても綺麗。ただ、ストーリーの内容がやっぱりいまいち。


B   落第騎士の英雄譚

今回の萌え系の中では、一番ストーリーがまともだったような気がするが、最終話付近でやや壊れ気味に。その辺がもったいなかったなと思う。



C+   対魔導学園35試験小隊

オープニング、エンディングテーマがなかなか良い感じ。アニメ自体に関しては、ストーリーの良し悪しの起伏が激しく、安定していない。面白いときは面白いのだが、つまらないときは本当につまらない、そんな作品だった。



B  俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件

題名からしてその内容が見えてきそうなアニメであり、そうした期待を裏切らない内容に仕上がっている。こたつでみかんを食べながら見るのに適していると思う。



A-   ノラガミ

日本の様々な神様が登場する(主に七福神だが)アニメ。主人公はお社を持たない野良の神様ということで、ノラガミ。設定がきちんとしており、プロットもしっかりできている。続編があるなら、ちょっと楽しみな作品。


A-  アルプス物語 わたしのアンネット

東京MXTVによる、世界名作劇場の再放送。
ストーリーは10話ちょいあたりから、罪と赦しという、完全にキリスト教色まっしぐらのテーマで突き進んでゆく。プロットはとてもしっかりしているので、安定して視聴できるが、やっぱりちょっと暗い感じがするのは否めない。ちなみにハッピーエンドなので、安心してください履いています。


S   牧場の少女カトリ (視聴中)

まだ視聴途中だが、名作だと思う。
視聴当初は、どうしてもSMAPの香取慎吾の顔が出てきて困ったものだが、そうした不安は視聴後まもなく取り払われた。そのくらい面白い。物語や描写がしっかりと作られており、製作陣の想いが伝わってくる。お気に入りなのでネットで検索してみたところ、なんと驚くことに、放映時は視聴率の低さに打ち切りが検討されていたとか。これほど面白いのに打ち切りとは日本オワタと思ったが、たしかに子どもにはちょっと難しい内容かもしれない。カトリには、トム・ソーヤの冒険のような単純明快な面白さもないし、フランダースの犬のような、際立った切なさもない。だけど、日常というのがこれほど面白いものなのかと感じられるのは、カトリが持つ良さだと思う。こういうアニメが今も放送されればいいのにと思うわけですよ。



S がっこうぐらし

名作といっていい部類に入ると思うアニメ。
初回のどんでん返し的な大胆さに驚いたものだが、とにかく全体を通してストーリー、プロット構成など、様々な面が非常によく練られている。その構成のすばらしさは二度見したくなるレベル。また、登場人物それぞれの特徴もしっかりしており、ワクワクドキドキ、楽しく見ていられる。続編が期待できる内容になっているので、2期が楽しみなところだ。


と、こんな感じか。

さて、2016年春期の視聴予定アニメは以下の通り。


ノルン+ノネット
ハルチカ~ハルタとチカは青春する~
少女たちは荒野を目指す
アクティヴレイド 機動強襲室第八係
昭和元禄落語心中
僕だけがいない街
だがしかし
ブブキブランキ
ラクエンロジック
Dimension W
灰と幻想のグリムガル
蒼の彼方のフォーリズム
この素晴らしい世界に祝福を!
亜人


どう考えても、ちょっと観切れない気がするので、このうち第一話だけを見て、ブブキブランキとラクエンロジックは終了とした。視聴継続が確定しているのは、ハルチカ、少女たちは、昭和元禄、僕だけが、だがしかし、灰と幻想、蒼の彼方、この素晴らしい……。他は様子見。
今のところ、面白いアニメが出揃っているように思う。

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサードリンク







最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
linne
性別:
男性
職業:
モーグリ工科大学 クリスタルエンジニアリング研究科 クリスタルライザー助手
趣味:
バナナの皮むき
自己紹介:
ちゃきちゃきの江戸っ子だが、サイタマ生まれ。
春日部ファイヤーを合言葉に東京征服をたくらむ。

バーコード

ブログ内検索

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 寺子屋フルメタルイノベーションZ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]