忍者ブログ

寺子屋フルメタルイノベーションZ

これまでに見たアニメとか映画とか、読んだ本とか、そういうのの簡単なレビューを書いていこうかなと思っています。といっても、もとは日記のブログなので、やっぱり初心忘れずって感じで日記っぽいのもたまに書いていきます。お風呂で泳ぐです。

   
カテゴリー「パソコン」の記事一覧

Firefoxの更新に伴う、アドオンのマウスジェスチャー (mouse gestures) の無効化に対する対処法

パソコンをつけてみたところ、愛用のFirefoxが更新されていてびっくり。

なんかテーマが黒くなっている……と思いながら、いつものようにネットサーフィンしようとしたところ、マウスジェスチャー機能が働いていないことに気が付く。
もしやと思い、グーグルに聞いてみると、どうやら今回のアップデートで大半のアドオンが使えなくなったらしい。

糞困る。。。(#^ω^)


Firefoxの某掲示板では、自分と同じようにマウスジェスチャーを利用している人の歎きの声が数多寄せられていた。
いわゆる、阿鼻叫喚の図になっていた。


だが、泣きながら使えなくなったアドオンの残骸をクリックしてみるとFirefox先生による説明があった。
その説明によれば、マウスジェスチャーには代替のアドオンがあるようだ。
無効になったアドオンの代わりに、その新しいアドオンを使えということらしい。


そこでFirefoxがお勧めのアドオンをインストールしてみようと試した。
だが、インストール時になんか色々と承諾事項が出てきた。

クリップボードのデータを見せろや!( ゚Д゚)の

ブラウザの閲覧履歴を見せろや!( ゚Д゚)の

全ページのデータ読み取りと変更をさせろや!(# ゚Д゚)の

などなど。
で、すごく萎えた。
めっちゃ萎えた。



とりあえず他にも変わりはあるはずだと別のアドオンを探すことにする。
そうしてなんとか上記のような要求が少ないもの(しかし結構えげつない要求あり)を選んでいれてみた。
だが、使い勝手が以前のものと比べて、そこはかとなくよくない。


自分が一番よく使うのが、ブラウザのタブの移動。
これをマウスジェスチャーで行うと、非常に捗る。
具体的には、右クリックとマウスのホイールを組み合わせて、タブを移動させるって設定である。
ホイールを上に回せば、次のタブへと移動する。
さらにグルっと回し続ければ、さらに次のタブ、またさらに……と、どんどん移動する。
逆に回せば、前のタブへと戻るって具合だ。


しかし今度のマウスジェスチャーのアドオンは、どうやら一度進む(戻す)度に、右クリックを一度解放してやらねばならないという、全然捗らない仕様だった。(*ノωノ)
使ってみた人の感想でも、自分と同意見の、つまりは右クリックホールドしながら、ホイールぐるぐるでタブ移動を次から次へとスムージングに出来たらよかったのに!このバカ!オタンコナス!とか書いてあって、泣いた。


こういうときに頼りになるのが、2ちゃんねる。
というわけで、2ちゃんねるで何か代用品がないかと探してみることにした。
そこで見つけたのが、

MouseGestureL.ahk

http://hp.vector.co.jp/authors/VA018351/mglahk.html


だ。
MouseGestureLは、その解説にもある通り、

「マウスジェスチャーとは、「右ボタンを押しながらカーソルを上に移動」や、「右ボタンを押しながら左クリック」といったマウス入力によって、閉じる、最小化、サイズ変更などのウィンドウ操作や、キーボード操作、画面上のボタンを押す操作の疑似的な再現など、様々な操作を可能にするユーティリティーです。」

というツールであり、

「MouseGestureL.ahkは、AutoHotkey上で動作します。
AutoHotkeyはマウスやキーボード操作の自動化などを可能にするスクリプトエンジン。そしてMouseGestureL.ahkはマウスジェスチャーが入力されると、AutoHotkey用に記述されたスクリプトを実行する仕組みになっています。 そのため設定次第で出来ないことはない、と言っても過言ではないぐらいの自由度があります。」

とあるように、アドオンのようにブラウザに依拠しているわけではないので、設定さえすれば、Firefoxだけでなく、Google Chrome、Internet Explorerなど、様々なブラウザにも同時にマウスジェスチャーが適用できるようになる、非常に便利なツールだ。



ちなみに、このツールの利点はそれだけではなかったりする。
たとえばアドオンのマウスジェスチャーでは、ページ読み込み中や、ブラウザ本体と関係するページに関しては、アドオンの機能が働かなくなる仕様がある。
そのためにマウスジェスチャーが無効になってしまい、ページ読み込みが終わるまでは、じっとモニターの前で正座して待つ必要がある。
ところがこのツールを使えばそんな心配はない。
ブラウザの事情とは関係なしに動くので、ページ読み込み中だろうが、重要ページだろうが関係なく、スイスイとタブ移動ができる。


具体的なツールの使用方法と設定方法は、MouseGestureLのヘルプを見れば分かるようになっている。
が、ヘルプのバージョンが古いために、多少違いがあるので、若干の慣れが必要かもしれない。



ちなみに、タブの移動に関する設定だけならば、以下の通りにするとたぶん便利。

1 メインタブからブラウザをクリック

2 ジェスチャー項目の右下に「追加」があるので、それをクリック

3 新規ジェスチャーを定義をクリック
 ⇒ ここで新規ジェスチャーの名称を決めてもよい。

4 ジェスチャータブに移動するので、そこで画面中央のトリガ操作の項目を選ぶ

 ⇒ たとえば「右クリック中にマウスホイールを上に回転させる」という設定なら
   RB_WU_
   と「追加」ボタン隣の空欄に入力する。あるいは、トリガ操作の項目から、
   右ボタン押し下げ と ホイール上回転を順番に選んでもよい。

5 設定したら「追加」をクリック

6 メインタブに戻り、先ほど新規で作ったジェスチャーを選択し(青く反転させ)、アクションスクリプトを設定する

 ⇒ カテゴリは「全て」、「キー操作を発生させる」で追加ボタンを押す。

8 キー入力をしてください、と出るので、ここでブラウザのショートカットキーを入力する。

 Firefox と Chrome の場合
 ⇒タブを次に移動は CTRL + TAB
 ⇒タブを前に移動は CTRL + SHIFT + TAB

9 ジェスチャー項目にアクション内容などが追加されたのを確認したら、右下のOKボタンを押して、設定画面を閉じる。

10 快適なマウスジェスチャーライフを楽しむ。


マウスジェスチャーを常時使うなら、スタートアップに登録していても良いように思うが、そこは自己判断。

PR

PS/2キーボードが反応しない場合の対処法

年明けだし、デジカメからの写真を取り込むべさ。
と、ELECOMのカードリーダーを取り付けて読み込もうとしたところ、突然キーボードが反応しなくなったことに気が付く。

(´・ω・`) おっ、おっ。

と焦りながら、PS/2のコネクタを確認。
どうやらきちんと挿入されているようだ。
しかし反応しない。
マウスは動くので、とりあえずデジカメの写真をマウスのみでコピーし、それからカードリーダーを取り外して再起動してみることにした。

再起動後、キーボード復活ならず……。
やはりうんともすんとも言わない。
仕方なくPS/2アダプタを引き抜いて、USBで接続してみることにした。
すると、無事復活。

しかしこのままUSB接続するのは嫌だ。。。
パソコンの背面にあるUSBポートは6つだが、そのうち1つはマウスが占領しているし、他にもいろいろと繋げっぱなしにしている。
ただでさえ少ないリソースをキーボードに充てるのは忍びない。

というわけで、どうすればPS/2キーボードが復活するのか調べてみることにした。
以下、解決までの道のり。




まず、電源を一度シャットダウンして、もう一度最初から電源を入れてみることにした。
マイパソコンはPS/2のウェイクアップ機能を使用しているため、キーボード入力で電源が入るようになっている。
したがって、これで電源が入るようなら、BIOS上では認識できていることになる、と思う。

ぽちっとな、とやってみると電源が入った。
認識問題クリア、またキーボード自体の故障の線も低くなった。
とすればWindows10の問題である。

パソコンが立ち上がった後、デバイスマネージャーを起動する。
キーボードが使用できないため、マウス操作で起動。めんどい。
デバイスマネージャーを見ると、キーボードの項目が消えているのを発見。
ドライバの更新で直るんじゃね?って思っていたが、項目そのものがないんじゃ更新しようがない。
ハードウェア変更も試してみたが、ドラクエのパルプンテ並みに何も起こらない。

仕方なくブラウザを起動。
原因を調べるため、ネットに頼ることにした。
しかし、キーボードが使えないので検索ができないことに気付きむせび泣く。
それからWindows10の簡易操作モードで、デスクトップキーボードなるものがあることに気がつく。
これを使用してネットで調べることにした。



で、でてきたサイトの中で役に立ったのが以下の台所さんのサイトの記事。

http://kazukitchen.blog.fc2.com/blog-entry-99.html

ふむふむ、キーボードを2個繋いで、デバイスマネージャーのキーボードの項目を出すのか。
そうしてドライバの更新をする、と。


で、その通り試せばいいのだが、動くのが面倒くさくなってきた
なんとか座ったままできないもんだべか。
というわけで、デバイスマネージャーのパネルにある操作ウィンドウの表示の項目を試しにクリックしてみた。
すると画面右に「操作」の項目が出現。
項目の下には、

ローカルコンピューター上のデバイス
他の操作

があるので、他の操作をクリック。すると、

表示
ヘルプ

が現れるので、表示をクリック。

デバイス表示別などの項目が現れる。
そこで、リソース(種類別)をクリックすると、

メモリ
割り込み要求(IRQ)
入出力(I/Q)

がメイン画面(左側)に出現。

割り込み要求の欄を見ると、
!の注意がついた、標準 PS/2 キーボードの項目を発見。


(゚∀゚) キタコレ。


!の項目を右クリックで開いて、PS/2キーボードドライバのプロパティを出すことに成功した。

というわけで、そこからは台所さんと同様のやり方で、「ドライバーの更新」を試した。

「製造元:(標準キーボード)
モデル:日本語PS/2キーボード(106/109キー)」

これを選び、更新する。
特に再起動せよという案内はでないので、自ら再起動する。
再起動後、キーボードが無事に動くのを確認。

というわけで、PS/2キーボードが動かずに困っている方がいたら、上記のやり方でもいけるよっと知らせてあげてください。
肝心なのは、いかに動かずに直すかであります。(`・ω・´)キリッ


カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

スポンサードリンク







最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
linne
性別:
男性
職業:
モーグリ工科大学 クリスタルエンジニアリング研究科 クリスタルライザー助手
趣味:
バナナの皮むき
自己紹介:
ちゃきちゃきの江戸っ子だが、サイタマ生まれ。
春日部ファイヤーを合言葉に東京征服をたくらむ。

バーコード

ブログ内検索

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 寺子屋フルメタルイノベーションZ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]