忍者ブログ

寺子屋フルメタルイノベーションZ

これまでに見たアニメとか映画とか、読んだ本とか、そういうのの簡単なレビューを書いていこうかなと思っています。といっても、もとは日記のブログなので、やっぱり初心忘れずって感じで日記っぽいのもたまに書いていきます。お風呂で泳ぐです。

   
カテゴリー「ニュース」の記事一覧

コロナバブル

日経平均、500円超高=東京株式
https://news.yahoo.co.jp/articles/48f84f59d6faa3be30c698232eb8b14de8bbf834


コロナバブルキターーーーーー!


というところです。
もう国の政策が滅茶苦茶になっているので、なんでもありですね。
とにかくお金をばら撒いたれや!って感じです。

しかも一部の人だけ手厚く。

お金を捲くことに関しては日本の場合、現代貨幣理論の観点から見れば大丈夫っぽいのですが、個人的にはちょっとやり過ぎ感があります。
というかやり過ぎです。
いずれ凄まじい反動がきそう。



さて、相場の方ですが、相変わらずのユニクロがけん引する相場なので、崩れる時は一瞬でしょう。
とはいえ、一応は広く買いが入っているので、まあいい感じです。
簡単に言えば、バブルとバブルでないものが混ざった複雑な状態。
明らかにめちゃくちゃ上がり過ぎているどうしようもない銘柄もあるけれど、出遅れ感バッチしもあるんですよね。
なんでこれに買いが入らないんだろう?
と思うことはしょっちゅうあるんですが、いずれ是正されるはずです。


個人的にバブルだなーと思うのは製薬株。
コロナ前から結構その様相を呈したのに、ここにきてのコロナパワーでバブルです。
利益予測に対して明らかに高過ぎるのよね。
たぶん、もうちょっとバブルを満喫してからのプシュワーになるんじゃないかなと予想。
でも、どこがてっぺんなんて分からない上に(そもそも経済再開でコロナ変異で大流行になった場合、また吹っ飛ぶかもしれない)、そう考えている大口もいるっぽく、仕掛けが怖くて手が出せないです。



出遅れの方に関してはノーコメントで。


いずれにせよ、気持ち悪い相場です。

神の見えざる手を、人の手が掴んで振り回している感じ。

経済破綻を防ぐためとはいえ、これで本当に良いのか?と甚だ疑問です。
PR

アメリカさん、4月の失業率過去最低を記録して買いに走ってしまう。

米雇用、戦後最悪2050万人減 4月速報値 失業率14.7%、リーマン超え
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200508-00000091-mai-bus_all

「米労働省が8日発表した4月の雇用統計(速報値)によると、景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数は、季節調整済みで前月比2050万人減となり、第二次世界大戦後で最大の減少幅を記録した。4月の失業率は14・7%と前月(4・4%)から急上昇し、戦後最悪だった1982年11、12月(10・8%)を上回り、30年代の大恐慌時に次ぐ水準まで悪化した。」


NY株、続伸
https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20200509-00000000-jijf-world

「【ニューヨーク時事】8日のニューヨーク株式相場は、米雇用統計の悪化が市場予想を下回ったことなどを受け、続伸して始まった。」



もうなんでもありだな。

第三次世界大戦か?

「武漢研究所が新型コロナの感染源か?」と記者が質問 ⇒ トランプ大統領「徹底的に調査している」
https://www.huffingtonpost.jp/entry/trump-corona_jp_5e9923e2c5b63639081c148c



巷ではいよいよ第三次世界大戦かと騒がれているキッカケとなっているのがこの一連のニュース。
かねてから武漢の研究所が怪しいことは囁かれていたし、研究者の中には論文を寄せるものもいたが、その都度、迅速に消されていったという不可解な事態が発生していた。
それがここにきて、事態が大きく動き始めてきた感がある。
さすがの合衆国大統領なので、今度は消されることはないだろう。



ともあれ、問題はこの後どうなるのか?ということだ。
仮に中国が捲いたことが確実だとすれば、世界中が被害を被っているわけで、各国は相応の賠償を請求することになるのは間違いない。
人的被害だけでなく経済的なダメージも考慮すれば、被害額は想像を絶するレベルに達している。
しかし中国が素直にそれに応じるかは未知数だ。
賠償を支払いきれるのか?という問題があるだけではない。
そもそも基本的に自分の非を認めることがないのが中国人。
特にそれが大問題になると分かれば、絶対に認めないだろう。
したがって、賠償問題が素直にかたが付くとは思えない。


ならば巷で言われているように戦争か?
というと、それもないと思う。
今、戦争をすれば一瞬で世界が吹っ飛ぶ。
中国政府が自暴自棄にでもならない限り、そういう事態に陥ることはまずないだろう。
むしろありえそうなのは、中国内部からの崩壊である。


今回のコロナの件で、中国経済もメタメタになっている、らしい。
らしいというのは中国発表だから。
本当かどうかは分からない。
いずれにしてもいわば自爆の形ではあるが、混沌とした経済状況に耐えきれなくなった中国人が内部から暴れて政府を崩壊させてゆく。
そういう形になるのではないかと思う。
その後、賠償云々の問題に関しては、悪いのは全て前の中国政府だ、中国人は悪くないという論法で進めるのではないだろうか。


とはいえ、中国政府は国民統制にかけては非常に有能である。
おそらく既に今回の露見もシミュレート済みで、そうなった場合、一番恐れるべきはアメリカやヨーロッパ、日本などの諸外国ではなく、中国内に存在する自国民だということをよくわかっているのだろう。


中国はコロナの後すぐに病院建設を始めたのは見事だったが、どさくさに紛れて中国中に監視カメラを導入したという。
それにより逃亡犯がもう逃げきれないと言って出頭してきた話まで出ている。
「中国人が信用しないのは中国人である」とはよく言ったものだが、内部反乱の危険性については、既に察知済みと見るべきだろう。


だからといって、政府が完全に国民の生活を統制している。
と見るのは早急かもしれない。
海外に点在する中国人の存在までは、さすがに確認できていないに違いない。
そしてこの存在こそが、今回のキーパーソンになるはずだ。
彼らはいざという時、人民解放軍の一員となる義務があるが、果たしてそこは中国人。
利がある方につくだろう。


なにはともあれ、今後の動向を注視していきたい。

世界は変われるか?

昨今の新型コロナ関連のニュースを追っている。
追っていて、気づいたことがある。
「信じるか、信じないかはあなた次第です」
という関暁夫の言葉が現実のものになってきた、ということだ。
たぶん、今度のことで世界が変わる。
ちょうど旧約聖書の創世記11にあるバベルの塔の話のように、人々の相互理解が消え、バラバラになる時が来たのではないだろうか。



で、コロナの話題に戻る。
最近増え続けているコロナ罹患者の数。
それに伴い、完治したという報道も聞くようになった。
だが、本当に完治するのか?という疑問がある。
少なくとも先々月頃には中国で話題になっていたものだが、3月も、そして4月になってもこの種の話がくすぶり続けている。

たとえばインディペンデント紙にはこうある。

Coronavirus: Can you get Covid-19 twice or does it cause immunity?
https://www.independent.co.uk/life-style/health-and-families/coronavirus-immunity-reinfection-get-covid-19-twice-sick-spread-relapse-a9400691.html


"While the recovery rate is promising, it does not mean that those who have been infected with coronavirus are not still at risk, as experts believe having the virus once does not mean you cannot get sick from it again."

どういうことかというと、一度新型コロナウイルスに罹患した者は再びコロナにかかる可能性がある、ということだ。

According to Li QinGyuan, director of pneumonia prevention and treatment at China Japan Friendship Hospital in Beijing, those who have been infected with Covid-19 develop a protective antibody - but it isn’t clear how long the protection lasts.

北京の中国人医師によれば、新型コロナに罹患した者は免疫抗体ができるとあるが、その免疫抗体がどの程度の期間持続するのかは定かではないという。

the antibody cannot last that long.
"For many patients who have been cured, there is a likelihood of relapse."

というか、それほど長くは続かないとあり、治癒した患者の多くには再発の可能性があると記す。

一方で、スティーブン医師はこれまでに知られているコロナウイルスの特性から、罹患すれば免疫システムができあがると見ている。ただし、そう言えるだけのデータはまだ無く、あくまでも過去の経験からということだ。

CDCも、MARSの患者が短期間で再発する可能性が低かったことを挙げてはいるが、果たして新型コロナがこれと同様かというと、まだはっきりしないという。



医学問題についてはド素人なのでなんとも言い難いのだが、中国での感染爆発が起きたのが1月で、それから既に2ヵ月以上は経っている。
にもかかわらず、その後の経過が良く分からないというのはどういうことなのだろうと不思議に思う。
中国が世界に治療経過データを渡していないということなのだろうか。
いずれにせよ、3月から爆発的に感染が増えた欧州のデータが出てくれば、この疑問が解決するに違いない。


なお、現在の日本の状況については黒木先生のレポートが非常に参考になる。
今何が起きているのかが良く分かるので、お時間の無い人にも是非一読をお勧めしたい。


https://shard.toriaez.jp/q1541/4.pdf


このレポートを読むと、政府は一応シナリオ通りに動いていたことが分かる。
3月時点では第一期の段階、すなわち、早期に感染者を特定し、早期にクラスターを潰すという戦略を立てていたわけだ。
この戦略が当時から批判されていたのはまだ記憶に新しいと思う。
その批判通りというか、この戦略は途中で失敗だったことが判明する。
症状のある者でさらに重症化する恐れのある者に特定し、調査範囲を狭めてしまったことで、初期の段階での医療崩壊こそ生じなかったが、無症状の感染者を野放しするハメになってしまったのだ。
そのため3月中旬以降、第一期から第二期への以降が起きる。
それにより、感染源不明による感染爆発となっているのが現在ということになる。
したがって、今はPCR検査数を増やし、感染者の全体数を把握する段階に来ていることになる。
これが上手くいっていないのは、行政の混乱ということか。



給付金をお給料にする

たけし、政府のコロナ対策に怒り「国会議員は半分返せよ、金」
https://news.livedoor.com/article/detail/18107204/


「一律30万円でもいいから、先にとりあえず出して、後から、青色申告の時に金持ってるやつから取ればいいじゃない」


さすがたけしや、わいが育てただけはある。


しかし、わいはこれを給料のように考えたらええと思うんや。
コロナが収束するまで、政府が国民の雇用主となって、毎月30万円という給料を支払う。

もちろん、何もせずにタダで貰うのは誰だって気が引ける。
だから
国民は給料を受け取る代わりに、自宅待機という仕事をする。
不要不急以外で外に出てはいけない、他人と会わない、話さない、近寄らない。
それが国民のお仕事や。
もし違反するようであれば、就業規則違反として給料をがっつり減額する。
これを一か月やってみたら、感染者ががっつり減るんじゃねえかな。

もちろんこの間も社会を回すために必須の仕事をしなければならない人たちがいる。
そういう人たちは元々の雇用主からお給料が出るから、
二重取りになる。
あげなくて良いだろうという意見もあるかもしれない。
しかし彼らにも給料を出すべきなのだ。
二重取りでええではないか。
感染のリスクを背負って頑張ってんだもの。

あとは国外からの来訪者対策。
これはもう、成田や羽田に仮設住宅を作り、海外から来た人は1カ月、そこで強制的に生活してもらうしかない。
外から中にウイルスを入れないことが第一だ。

健康食品のように、とにかく一か月お試しくださいって感じでやってみよう。
わいはやりたい。

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

スポンサードリンク






最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
linne
性別:
男性
職業:
モーグリ工科大学 クリスタルエンジニアリング研究科 クリスタルライザー助手
趣味:
バナナの皮むき
自己紹介:
ちゃきちゃきの江戸っ子だが、サイタマ生まれ。
春日部ファイヤーを合言葉に東京征服をたくらむ。

バーコード

ブログ内検索

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 寺子屋フルメタルイノベーションZ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]