忍者ブログ

寺子屋フルメタルイノベーションZ

これまでに見たアニメとか映画とか、読んだ本とか、そういうのの簡単なレビューを書いていこうかなと思っています。といっても、もとは日記のブログなので、やっぱり初心忘れずって感じで日記っぽいのもたまに書いていきます。お風呂で泳ぐです。

   

今日から俺は!!

現在放送中の「今日から俺は!!」

ちょうど第五話まで終わったところなので、ここいらでこのドラマの感想を述べたい。
ちなみに自分は原作のファンなので、たぶん手厳しい感想になるかと思う。
が、その辺はご容赦頂きたい。
とはいえドラマを見ていない人もいるだろうから、一応、ストーリーのネタバレはしないように気を配ったつもりだ。



1 ミスキャスト問題

三橋役の賀来、伊藤役の伊藤は悪くない。というか、むしろいい感じだ。
特に伊藤。
殆ど完璧ちゃうんかと言いたくなるほど、いい感じが出ている。
ただし、髪を下した際の「オタクの落ち武者感」が出ていなかったのは非常に残念。
伊藤はもっとオタクでなければならない。
他のキャラでは、たとえば軟高の佐川も良かった。
また開久の片桐と相良も良いし、第五話の東京編、紅野(白原)も垂れ目感が良い味出ていた。


一方、問題なのは理子と京子。
理子は清野菜名が、京子は橋本環奈が演じている。


「正直、逆じゃね?」


と最初は思ったが、理子役の清野だけを見ていると、そんな感じは一切ない。
むしろとても良い。
たぶん実写になったら理子はあんな感じなのだろうとさえ思う。
演技の上手さ、身体能力の高さがそう感じさせるのかもしれない。

だが、京子役の橋本が出てくると違和感を感じざるをえない。
橋本だけでもなんだか妙な空気になるのだが、二人が同時に登場するとそれが倍増する。
二人の関係性から「何か違う……」感が溢れ出てくる。

原因は、原作の京子がすらっとしたスタイルであり、頻繁に変顔をしないからだろう。
ドラマの京子はこれとは対照的に、理子っぽいちんちくりん感と謎の変顔を連発する。

確かに橋本の顔は可愛い。たぶん凄く可愛いのだろう。そりゃ千年だけある。
しかしスタイルが違うのだ!
いや、それだけならまだなんとかなる。
ヒロインにとってスタイルなんぞ正直いって飾りでしかない。
しかし、性格も違うのだ!!
これは致命的である。
クリティカルである。
その結果、あれは京子じゃねえ、となってしまう。
伊藤とのデレデレシーンはあっても、度が過ぎると京子が「伊藤さん……」と、一歩引くところがあるのを監督は見逃していないか?
要するに、京子、暴走させすぎ問題である。



もう一つの問題が、今井と谷川。
明らかに今井の身長が低過ぎ、一方の谷川はデカすぎる。
二人とも、演技をとても頑張っているのが良くわかるだけに、惜しい。非常に惜しい。

それでも、ちょっとした端役ならば、演技の頑張りにかけて目をつぶることもできる。
しかし今井と谷川は、この漫画における三橋と伊藤に匹敵する、主役級の登場人物なのだ。
彼らがいなければ、「今日から俺は!!」の面白さは半分以下になるといっても過言ではないほどの重要人物なのである。

その今井と谷川を構成するためには、性格はもちろんだが、体格と顔も非常に重要になる。
今井は馬面でなければならなず、ウドの大木でなければならない。
谷川は片手のバナナが似合うサルでなければならない。
そしてこの二人はセットで輝くようにしなければならない。
以上の組み合わせができて初めて、今井と谷川の前提条件が完成する。
そこに今井らしさ、谷川らしさが加わることにより、二人が完成するのだ。

残念ながらドラマ版では、この前提条件が崩れているだけでなく、今井もただ叫ぶアホなキャラ、谷川はやけに冷静なキャラになってしまっている。
鈴木雅之ならきっとこう言うだろう。
違う、そうじゃない。と。



それから、もう一つ気になっているのが、佐藤二朗が演じる理子の父親である。
容姿は特に問題ない。及第点だろう。
しかし性格がおかしい。
あれは理子の父親ではない。
というか、佐藤二朗まんまである。

理子の父親は、娘コン、つまり娘LOVEな男だが、武道家でもあり、腑抜けたようで実はしゃんとしている。
だがドラマの理子の父親は、いつものなめきった佐藤二朗である。
演技とかそういう以前の問題。
いくら端役とはいえ、これは流石になめてんのかと思う。





2 ストーリー軽視し過ぎ問題

1時間ドラマという限られた枠の中で38巻にも及ぶ物語を再現しなければいけないのは、大きな制約だろう。
しかしそれにしても、端折りすぎではないかと思う。

第五話にして既に東京編にまでいってしまっているが、この展開は無茶があり過ぎる。
何故なら東京編に入るためには、三橋と伊藤が千葉のチャンプ的存在になっていなければならないからだ。
だがここまでの間で、三橋と伊藤の名前が地元に知れ渡っているとするのは、早急としか言いようがなく、脈絡に欠ける。
なにしろドラマ版の三橋と伊藤は、開久と揉めたくらいで、まだ大した活躍もしていないのだから。
もっと順を追って、きちんと描いていってほしかった。


ちなみにここまでのところを振り返ると、「恋愛」をテーマにし過ぎた感がある。
恋愛を描けば視聴率がとれるってことなんだろうか?
その辺の大人の事情は分からないが、「今日から俺は!!」はそういう漫画ではない。
ギャグ漫画だ。
いや、正確に言えば、シリアス入りのギャグ漫画だ。
ギャグを中心に、シリアスな展開を埋め込むのが、今日から俺は!!のスタイルである。
にもかかわらず、恋愛ネタばかり取り上げ、しかも中途半端に終わらせるとは、制作サイドはその辺の事情が良くわかっていないに違いない。



3 余計なものがある問題

ドラマでは80年代のツッパリブーム?を全面に押し出しているが、それは何かが違う。
確かに今やツッパリ高校生なんて町で見かけることはない。
いたらいたで珍獣扱い、触れてはいけない頭のおかしい奴に認定されること間違いなしだろう。
それゆえ、今の若者を相手にするのであれば、その辺の事情を説明しないわけにはいかないと思ったに違いない。

だがそれは余計なおせっかいというものだ。
そういうのは関係なしに楽しめるのが、今日から俺は!!の世界観である。
正直、原作を読めば分かるが、ツッパリうんたらを強調しているのは2巻程度までなのだ。
その先はギャグ中心の今日から俺は!!の世界観が出来てきている。
製作者サイドには、この世界観の方を大事にしてほしかった。



もうひとつ言えば、先生方の謎の談合シーンはいらない。
というか意味がない。
あの謎シーンに時間を使うなら、ストーリーをきちんと描いて欲しかった。





以上が現時点での感想になる。
辛口になったが、決して出来が悪いドラマではないと思う。
ある程度ポイントは抑えているからだろう。
ただ、原作ファンの一人からすれば、もっと突っ込んで描いて欲しかったという感がある。
ともあれ、今後の展開を楽しみにしつつ、最終回まで見てみようと思う。


入管法改正案

入管法改正案が今、国会で議論されている。
この法改正により、日本が移民大国になる可能性が各方面から指摘されている。
安倍首相は頑なに「移民」ではないとしているが、文春などの各紙が伝えるように、実態はどうみても移民だ。

ところで、この法改正の影響を考察したメモが存在する。
通称、松方メモと呼ばれる、ある消息筋がまとめたレポートだ。
本紙記者は入管法改正案に関する松方メモを入手した。
あまりに強烈な内容なだけに、一般公開はされておらず、限定的に読まれているに過ぎないものだが、その一部だけ公開したい。


が、某社から規制がかかったので、公開は控えたい。
残念だが仕方ない。

さらに戦うドコモたち

ドコモとKDDIとソフトバンク。
本日そろってドボンって、すげー。
マジすげー。
政府が批判だもんな。
そりゃドボンするわ。

一企業を批判とか、どこの共産主義国家かよと思うが、限らわれた枠を免許制で独占しているのだから、ある意味仕方のないことなのかもしれない。
政府の介入も、ある程度はやむを得ないだろうと思う。

しかしそれを言えば、自由化になったとはいえ電力主要会社もそうだし、インフラ系はどこも独占していて高いのではないか?ということにもなるんじゃねーかな。
またそういった意味では、NHKは一番批判されてしかるべきだと思うが、この辺は政府も見事にスルーしちゃうんだな。
何故、政府による批判の対象が通信会社のみなのか?についての疑問は、結局のところ解消されないままなのが残念だ。


それと、仮に批判するにしても、漠然と料金が高いと批判するのではなく、料金の何が高いのか具体的に批判するべきではないか?

その点で見れば、データ通信料の単価はいくらなんでも高過ぎるだろうと思う。
今年、ドコモがあんまり使わない人向けに従量制のプランを創設したのは記憶に新しい。
しかし、このプランでは割高な通信料の根本的な解決にはならなかった。
というのも、そもそものパケット単価が高額だからだ。
そのためすぐに上限に到達し、使い放題プランと差がなくなってしまう。
つまり、安いプランに見えて、実際は前と変わっていないじゃねーか問題が生じてしまっている。

したがって、この単価の部分を変更しない限り、新たに料金値下げとして打ち出した従量制プランは意味が全くないことになる。
そこで、改善としては例えば、1Gで500円、移行1G毎に400円とかにして、5G で2100円くらいになれば、高いと政府に批判されるいわれもなくなるだろう。
このくらいならば、おそらく格安SIMとの棲み分けもできるはずだ。

いずれにせよ、料金の何が高いのかを明確にして批判しないと、また小手先でかわされる可能性が出てくる。
楽天とKDDIが提携発表したことで、楽天による価格破壊が殆ど期待できなくなってしまった以上、何をどう下げるのか、その部分を具体的にしてゆくことが更に望まれるに違いない。

マイナス10%の衝撃

ストロング零ってのが美味しいらしいね。
なんにでも合うとかそういう話をきく。


たとえば、お茶漬けのお茶の代わりにストロングゼロ。

お味噌汁の味噌の代わりに、ストロングゼロ。

これからの季節だと、シチューの牛乳の代わりにストリングゼロ。

お料理のレパートリーなんかも増えると思うんで、お勧めできそうな勢いです。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

スポンサードリンク







最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
linne
性別:
男性
職業:
モーグリ工科大学 クリスタルエンジニアリング研究科 クリスタルライザー助手
趣味:
バナナの皮むき
自己紹介:
ちゃきちゃきの江戸っ子だが、サイタマ生まれ。
春日部ファイヤーを合言葉に東京征服をたくらむ。

バーコード

ブログ内検索

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 寺子屋フルメタルイノベーションZ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]