忍者ブログ

寺子屋フルメタルイノベーションZ

これまでに見たアニメとか映画とか、読んだ本とか、そういうのの簡単なレビューを書いていこうかなと思っています。といっても、もとは日記のブログなので、やっぱり初心忘れずって感じで日記っぽいのもたまに書いていきます。お風呂で泳ぐです。

   
カテゴリー「マーケット」の記事一覧

世界の工場

これまで世界の工場と言われ続けた中国。
その模様が近いうちに変わるかもしれない。
そう思わせる新型コロナの影響。

しかし、昨日のニューヨークタイムズには「それは無理です!」といった記事が載っていた。


Chinese Factories Face New Threat: US Anti-Virus Controls
https://www.nytimes.com/aponline/2020/03/18/business/bc-virus-outbreak-china-factory-threat.html

「中国の工場は、合衆国の新型コロナ対策のために、新たな脅威に直面している」
という記事。


記事では、中国が武漢(中国)ウイルスこと新型コロナを封じ込めた後、工場を再開させようとしているが、アメリカの防疫作戦がそこに水を差す形になるだろうという指摘に始まり、現在の中国国内における工場稼働状況をリポートし、今後の世界情勢の行方を推測している。


稼働状況に関してとりわけ面白い状況になっているのがスマホなどのコンピューター市場のようだ。
基幹部品となるチップがアメリカ製造なので、そこから仕入れられないとなると、そもそも作れない!となる。
これはマズイわけである。
その点、ファーウェイはトランプによるチャイナフリー運動の影響もあって、アメリカ製の部品を排除してきたことから、まだもうしばらくは供給元を変えずとも何とかなるようだ。
これはなんとも皮肉な話である。


記事の後半部分では中国と決別する難しさを語っている。
そこには、アメリカという国の実情も垣間見ることができる。

アメリカは2018年から中国と関税戦争を繰り広げてきた。
それによってアメリカの会社も何とか中国からの脱却を図ろうとしてきた。
ところが、中国の条件と同程度の条件を持った国が他に見当たらないという問題に直面してきたのである。
そのため、抜けるに抜けられない状況になっている。

無論、中国からの脱却をもくろむ会社は何もアメリカの会社だけではなく、韓国のサムスンもそうである。
サムスンもまた、人件費抑制のために中国からベトナムへと工場の一部を移転させた。
しかしそのベトナムも、人口で見れば中国の工業を支える中心となっている省一つよりも少ない。
したがって、「今まさに、多くの人がすぐにでも中国を離れようとと考えている。だけどそれはとても難しいことだ。……中国は、武漢(中国)ウイルスの後でさえも、国際競走上の優位性を保ち続けるだろう」という結論になる。
要するに、そのくらい代替国を見つけるが難しいと締め括っている。



この記事の肝は、現状、そして未来においてもアメリカが中国と決別するのは難しいと言っておきながら、中国側もまたアメリカと決別するのは難しいと言っているところだろう。
つまり、どちらも経済的に必要としているのが現状なのである。



でも、本当にそうだろうか?



少なくともアメリカ国民の反応を見る限り、「くだばれ中国」「消えろ中国」という声が圧倒しているだけでなく支持も得ている。
今回のコロナでそれが凄まじく勢いを増してきている感が否めない。
中国に依存していることを快く思っていない人が極めて多いことを改めて認識させられる。
中には、中国に魂を売ったとされる企業の名前を挙げる人までいる。
また、今回のコロナを契機に、もう中国製は買わないという人まで現れた(といってもアメリカ人なので買ってしまうんだろうが)。
確かに経済的には他に代替がきかない状況なのだろうが、政治的にはNoという判断になっている。
経済的合理性をとるか、政治的合理性をとるか、どちらにふれるかで今後の関係が決まってゆくことになる。


日本もまた、2005年、2012年の反日デモで散々痛い目に合ってきた。
それでも中国に工場を維持し続けた。
そうして今回のコロナショックでまたしても痛い目にあった。
これで三度目である。
確かに経済的には、日本もまた抜けるに抜けられないといったアメリカと同じ状況にある。
でも、そろそろ過去の経験を活かす時期に入ったのではないだろうか。
関税協定の枠組みも出来上がって来たこの時期だからこそ、国産回帰しても良い頃合いなのではないかと個人的には思う。
PR

アベノミクス第二弾噴射

アベノミクスは止まらない。
どうやら政府はもう一発目のアベノミクスを考えているらしい。
その発表があったからだろうか、株価は高値を更新し続けている。
どうやら株価対策はバツグンのようだ。
だが問題は山積みとなっていることは疑いようがない。
なにしろ、このニュースのコメント欄にはこう指摘されていた。

「アベノミクス終わってたんかーい」

そう、食パンマン風の突っ込みのこのコメントが、山積みの問題の中でも頂点に君臨するであろう問題の本質を捉えている。

「誰もアベノミクスが続いていたとは思っていないということだ」

そのくらい、一般人には感覚がない。

アベノミクスとは何だったのか。
そもそも始まっていたのか?
いや、存在していたのか?
アベノミクスの正体は蜃気楼に違いないと自分は思っている。
でも、蜃気楼だっていいじゃない。
株価が上がっているんだもの。
って感じだ。

消費税10%の衝撃

個人的にはまだ本当にやるのか疑っている消費税10%。
骨太の方針に明記したとはいえ、まだ予定ではある。
リーマンショック級が来ない限り変更しないと言っていたけれど、既にリーマンショック級に近いものが来てしまっている現状では、これ以上ストンと行くことは考えにくいわけで。
だから、増税はやるってことなんだろうと思うわけですよ。

で、政府が消費税増税による影響対策についてどう考えているのかといえば……。


政府は、21日午後の臨時閣議で、第2次安倍政権の発足後7度目となる「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」を決めた。消費税率について、10月に現行の8%から10%に引き上げることを明記した。増税前後の駆け込み需要と反動減が、経済の回復基調に影響を及ぼさないよう、政府は、車や住宅の購入支援、公共事業の増額など決定済みの総額2兆円規模の経済対策を適切に執行するとしている。
https://www.asahi.com/articles/ASM6P56FQM6PULFA020.html



消費税を増税すれば、景気が落ち込むことは確実に分かっているわけですね。
過去のデータからこれは明らか。
だから、景気が落ち込まないよう、特定の業種にお金を横流しして、景気を維持しようってわけですね。



うーん。

本気でこの国のことを考えている人は、財務省にもおそらくは政府にもいないんだろうなあと感じさせる内容ですわね、チャールズ。

クソノミクス


何故にわいが買うと暴落するのか?


甚だ遺憾である。
遺憾の意を表明したい。

今年の目標は「波に上手く乗る」ということだったのに、早速でかい波をかぶってしまったでござる。


というわけで、反省会。
明日以降を考えてみたい。


暴落だったが700あたりのマイナスで下げ止まったこと、後場は結構強かったことを考慮すると、たぶん明日は下げても限定的で、むしろあの日ということもあって上がるように思う。


しかしそこは日本。
結局どちらに転ぶかはニューヨーカーとかあちらさん次第なわけだ。
あちらさんで反省会が行われていれば、上がる。
反省会無しなら下がる。
反省会の結果、やっぱり反省となったら下がる。
それが実情だろう。
日本国政府の政策?アベノミクス?
そんなの今となっては誰が気にしているんだろう?ってレベルなんで、無視していい。
ただし、マイナス指標にだけはやたら感度が良いんで、そこだけ注意。


で、だう先生のチャートを見ると、どうやら反省会が行われている模様だ。
つまり、上がるか下がるかは五分五分っぽい。


以上のことから、明日は上がる方に行く気がする。
と、見てみた。



が、問題はその先だ。
10連休がくる。
それで全部お休みになるらしい。
なんてことするんだと思う。
それだけ長いと普通全ポジ解消するよね。
とくにショートのほう。
ただ、ロンゲも切りたくなるよね。
怖いもの。
となると、あれが膨らんでいるものは上がるかもしれない。
逆にあそこが膨らんでいるものは大きく下がるかもしれない。
それらを見越してポジションを組みたいですな。



ちなみに今日はこの記事が気になった。

「なぜ盛り上がらない?増税前の「駆け込み」需要 過去2回の延期に現実感が希薄か」
https://www.zakzak.co.jp/eco/news/190325/eco1903250002-n1.html


実を言えば、わいも消費税が増税されることについては懐疑的なのだ。
だって、この状況下で増税なんかしたら、ヤバイってレベルじゃないもの。
サルでもわかるなんたらって本が出ているけれど、ほんとそんなレベル。

ただし、財務省の官僚さんとか政治家さんのようなお金持ちの方々には、それが見えていない可能性もあって怖い。
たかが2%に何ができる?とか本気で思っていそう。

そう、たかが2%なんだよな。

でもさ、妙な譬えになるけれど、現状の8%が実は既に界王拳3倍の状態だとしたらどうだろうか?
そして2%の増税が界王拳4倍だとしたら?
ベジータは倒せるかもわからんが、その後は一瞬で吹っ飛ぶんじゃね?と。
某所で散々囁かれているけれど、そうなったら日本発のリーマンショックになるよね。
まあ、それはそれでボラが上がるから、外資は大歓迎なのかもしれない。
けれども国内に暮らす者にとってはたまったもんじゃないわ。

ちなみに、この2%の負担をなんとかしようと低所得者向けにクーポン券の発行を考えているようだけれど、あれ意味ないからね。
そもそも低所得者はクーポン券を買うだけの余裕がないですから。
誰得なんでしょうね。

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

スポンサードリンク






最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
linne
性別:
男性
職業:
モーグリ工科大学 クリスタルエンジニアリング研究科 クリスタルライザー助手
趣味:
バナナの皮むき
自己紹介:
ちゃきちゃきの江戸っ子だが、サイタマ生まれ。
春日部ファイヤーを合言葉に東京征服をたくらむ。

バーコード

ブログ内検索

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 寺子屋フルメタルイノベーションZ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]