忍者ブログ

寺子屋フルメタルイノベーションZ

これまでに見たアニメとか映画とか、読んだ本とか、そういうのの簡単なレビューを書いていこうかなと思っています。といっても、もとは日記のブログなので、やっぱり初心忘れずって感じで日記っぽいのもたまに書いていきます。お風呂で泳ぐです。

   
カテゴリー「スーパーマーケット」の記事一覧

消費税とスーパー その後

前回、消費税増税直後にスーパー観察を行ったわけでありますが、4月も下旬、まもなく5月に入ろうかというところまで来ましたので、再び調査報告することにしました。

ネット上では、増税後、増税分の3%割増になるのではなく、5%税込価格から、さらに8%割増しになっていると、ひどく憤慨している各地の調査員の方々からの怒りの声が続々と届いているようですが、うちの近所では果して……!?



結果を単刀直入に申し上げますと。

サミット → 3%から5%アップ。

西友 → 0%から8%アップ。

イオン → 0%(据え置き)から5%アップ。

コープ → 1%から8%アップ。

ダイエー → 今回調査なし

ヨーカドー → 今回調査なし

ライフ → おおむね8%超アップ。

という結果でした。



最も良心的なのは、信じられないことに、イオンでした。


そして、比較的良心的だといえるのが、サミット。
きっかり3%の増税分をあげている感じです。
いや、それが良心的なのかどうかは分かりませんが、便乗値上げというほどではない、と言って良さそう。
(ここは増税前に税抜き表示に無理やり移行していたので、増税後、狡猾に価格操作できなかった可能性あり)

それから西友とコープは巧みというか狡猾なやり方でした。
増税前と殆ど変わらないものから、8%の便乗値上げまでバラエティに富んだ感じでした。

ダイエーとヨーカドーに関しては未調査につき、割愛。


ちなみに今回ぶっちぎりで最悪だったのが、ライフ。

どうみても便乗値上げです、ほんとうにありがとうございました。



思い起こせば4月の上旬からやばい雰囲気が漂っていたライフだったので、今回の結果はその流れでいけば当然といっちゃ当然だったのですが、これは非常に残念な結果です。

店舗に足を運ばないまでも、今日付けの広告(東京版)を見てもらうだけでも十分にその雰囲気を味わうことができると思います。

一例を挙げると(生鮮食品は値段が変わり易いため、価格変動の少ない商品で比較しています)。


砂糖 99円(税込価格、106円) → 増税前はだいたい税込98円。

お米10kg 3580円(税込価格、3866円) → 増税前はだいたい税込3580円。

雪印ネオソフト 139円(税込価格、150円) → 増税前はだいたい税込138円。

紀文豆乳 169円(税込価格、183円) → 増税前はだいたい税込169円。

明治おいしい牛乳 198円(税込価格214円) → 増税前はだいたい税込198円。




こうしたいわゆる便乗値上げとされる状況に対して、「消費税は全ての商取引にかかってくるため、結果として8%以上の負担になるんだ!」と力説する調査員の方もおられますが、それは間違いです。

http://www.zei-tenka.jp/tax.html

上記の中小企業庁のホームページに分かり易い図解入りの説明があるように、確かに全ての商取引に消費税はかかってきますが、結果として納税する金額は、5%なら5%、8%なら8%と、それ以上増えることも減ることもないのです。

ですから、今回は3%分のさらなる増税ですから、通常この3%分以上に増えることはありません。



しかし、3%以上の値上げをする店の多いこと多いこと!

今日は身近なスーパーの調査でしたが、本当はあちこちで便乗値上げが多発しているんですよね。

僕がよく食べに行く、具のほとんどないカレーも3%以上(実際は10%以上)値上げしていました。

床屋さんも10%の値上げです。


国はこういうのをどう思っているのでしょうかね?

国が税抜き価格の表示を認めるから、こういうことになるわけで、やはり便乗値上げ騒動の責任の一端は国にもありそうです。


PR

消費税とスーパー

スーパーマイスターの私が消費税増税後の主要なスーパーの値上げ状況を調べてみた。
以下、調査報告。


イオン ・・・ やや据え置き、一部値上げ、値下げも。

ヨーカドー ・・・ やや据え置きあり、微値上げ、値下げも。

ダイエー ・・・  やや据え置き、値上げも、一部値下げも。 

コープ ・・・ 微値上げ、据え置きも。

西友 ・・・ 据え置き、値下げあり。一部やや値上げも。

サミットストア ・・・ ほぼ値上げ。据え置きも。

ライフ ・・・ 値上げ。


今回の調査で驚いたのは、ライフが爆値上げしていたこと。
一体どうした、ライフ!?



まとめ。

今回の調査を通してみてみると、税抜き価格のみを表示したスーパーは全体的に値上げに、税込み価格を併記したスーパーは価格を据え置くことが多かった。
つまり、税抜き価格のみのスーパーは、注意が必要ということになる。

それからどこもいつもより客数が少なかったように感じた。
昨日までの喧騒がうそのようである。

ダイエー

http://www.toyokeizai.net/business/strategy/detail/AC/b1306c2bf32d82b69ce387fe590c3440/page/1/
既存店不振で一転5期連続最終赤字、ダイエー収益回復シナリオの隘路(1)



スーパーマニアで、ダイエーのファンとしては至極残念なニュースだ。
良い時のダイエーを知っているからこそ、赤字だというニュースを聞くと切なくなる。
たしかに西友と比べると品物も高かったし、ヨーカドーと比べると陳列も微妙だった。
なんというか、全てにおいて中途半端なんだよな。
これぞダイエー!
と呼べるものがないんだよ。
お客ってそういうところを見ているから、今の体たらくでは赤字も仕方ないのだろう。


そしてこの記事。
要するに、ダイエー社員は意識改革が必要ってことか。

ヨーカドーと違って、ダイエーには社員の受け皿となる予備の部署がない。
つまり、社員にとっては後が無い状態。
背水の陣なわけだ。
そういうのを理解している社員がどのくらいいるんだろうか。
ダイエーの社員は同業他社に比べて、給料も良いとある。
ならば、それ相応の責任を果たしても良さそうだが、現状あまり良い評判を聞かない。
無愛想で接客が悪いと指摘する人もいる。
私は良い店員さんに巡り合うことが多い分、そういう話を聞くと残念になる。
ともかく指摘がある以上、やっぱり何かが悪いんだろうな。



下半期、ダイエーは1700品目値下げで頑張るようだ。
お客のぼくとしては嬉しい事だ。
でも、安かろう悪かろうになっては困る。
それだけが心配だ。


安かろう悪かろうといえば、西友。
ウォルマート傘下になってからの西友は本当に酷い。
レジの渋滞は解消されないし、レジ袋も金をとるようになった。
カカクヤスクが合言葉らしいが、それほど安いというわけでもない。
ヨーカドーやイオンと比べるとやや安い程度か同程度。
モノによっちゃ高い。
安いってのは、イメージ作戦なんだろう。
こういうのは韓国臭くてかなわない。

さらに商品の質もまちまち。
悪いのも放置している感じだ。
先日、3割引きのお寿司買ったら、あと1時間で消費期限でびっくりしたし。
その場で蓋開けて食えってことかと思った。
こういうのはヨーカドーじゃありえないことだ。
ついでに客層も悪くなった。
要するに、こうはなってほしくないという見本のスーパーだ。


ダイエーが目指すなら、安さを兼ね備えたヨーカドータイプの店になってほしい。
ヨーカドーの陳列はとてもいい。
スーパーマニアとしては、イオンよりも良いと思う。
イオンはオーソドックスタイプだが、ヨーカドーはアバンギャルド的だ。
視覚的に攻めている。
お客が買い物していて楽しい店に仕上がっている。


いずれにせよ、ダイエーには純国産のスーパーとして、がんばってもらいたいものだ。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

スポンサードリンク







最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
linne
性別:
男性
職業:
モーグリ工科大学 クリスタルエンジニアリング研究科 クリスタルライザー助手
趣味:
バナナの皮むき
自己紹介:
ちゃきちゃきの江戸っ子だが、サイタマ生まれ。
春日部ファイヤーを合言葉に東京征服をたくらむ。

バーコード

ブログ内検索

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 寺子屋フルメタルイノベーションZ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]