忍者ブログ

寺子屋フルメタルイノベーションZ

これまでに見たアニメとか映画とか、読んだ本とか、そういうのの簡単なレビューを書いていこうかなと思っています。といっても、もとは日記のブログなので、やっぱり初心忘れずって感じで日記っぽいのもたまに書いていきます。お風呂で泳ぐです。

   

2016 THE 都知事選

ヤバいのは小池百合子だけじゃない! 自公が推す都知事候補・増田寛也と原発ムラ=東電とのただならぬ関係

以下、記事の引用 (引用元:http://news.infoseek.co.jp/article/litera_4732/)。


「猪瀬直樹、舛添要一と立てつづけにカネの問題で失脚してきただけに、自民党は増田氏が"クリーンな政治家""実務家"だとアピールするが、それは大ウソだ

 たとえば、増田氏は岩手県知事時代、1年間で国内外に171回も出張を行い、さらにファーストクラスを利用していたことが発覚。なかでも2013年8月の出張では〈南北アメリカ訪問で、16日間の渡航と宿泊費が383万円だった〉(岩手日報16年5月17日付)という。

  また、「週刊文春」(文藝春秋)7月21日号では、増田氏が総務相当時に赤坂の高層マンションを2億円ほどで購入した事実を報じ、これは国務大臣らが在任 期間中に不動産取引を行うことの自粛を求める大臣規範(国務大臣、副大臣及び大臣政務官規範)に反しているのではないかと指摘した。

(中略)

 しかも、「実務家」という看板の方にも偽りがある。実際、増田氏の知事としての働きを検証した岩手日報は、こうした評価を下している。

〈「がんばらない宣言」「環境首都」などのキャッチフレーズで全国に名を売ったが、県債残高は知事就任時の七千億円から一兆四千億円に倍増。内陸部と県北・沿岸部の地域間格差や医師不足という課題も深刻化した〉(07年1月27日付)

(中略)

 だが、こうした厚顔さを裏付けるエピソードはさらにある。増田氏をめぐっては、都知事選公示日前日の13日に、ある企業がひっそりとこんなプレスリリースを流していた。

〈当社取締役の増田寛也は、本年7月8日をもって取締役を辞任いたしました〉

 これを発表した企業というのは、東京電力ホールディングス。増田氏は14年6月から東電の社外取締役に就任しており、公示日を前にこっそり退任したのだ。

(以下、略。)



噂には聞いていたけれど、こいつも例にもれずといったところの模様。
それを推している自民党も推して計るべきってことか。
つまり、もはや自民党が腐っているって理解でいいんだろうか?
それでも、他の政党が腐っていないという保証もなく。
要するに、議会制民主主義そのものが研究され尽くしてしまって穴ぼこだらけ。
つまりは、もう限界なんだろうな。
かつての貴族政治に戻せとは言わないが、そろそろやり方を変えてみるのもありなんじゃないかと思っている。


PR

2016年 夏アニメはじまったよ

2016年の夏アニメが始まってから少し経ったので、そろそろレビューをしてみたいと思う。
その前に全体の印象をば。
今期は食戟のソーマやアルスラーン戦記もあって結構期待していたのだけれど、前期よりもちょっと小粒感が否めない感じだ。
ただ、面白くなりそうなものはいくつかあるので、今後も視聴してゆきたいところ。



さて、評価手法は次の通り:(S(90点以上)>A>B>C>D>E(10点以下))

B  食戟のソーマ 弐ノ皿
A- RELIFE
B- Orange
B+ Rewrite
D  D Gray-man HALLOW
B+ NEW GAME
A  アルスラーン戦記 風塵乱舞
C- レガリア The Three Sacred Star
B+ この美術部には問題がある!
D  <ハオライナーズ>一人之下 the outcast 
D  アンジュ・ヴィエルジュ
B- ベルセルク
D  エンドライド(2クール目)
A+ Re: ゼロから始める異世界生活(2クール目)


以下、簡易レビュー。


B  食戟のソーマ 弐ノ皿

秋の選抜本戦からの戦いを描く。
テンポがちょっと速く、ストーリーが大味になっている気がしないでもない。
田所恵は相変わらずかわいい。
もっと方言を全面に押していけば◎。


A- RELIFE

28歳のニートが社会復帰のために、肉体だけ若返って高校生活をやり直すチャンスをもらう話。
設定が面白く、キャラもそれなりにしっかりしている。
あるあるネタが入っており、笑いもある。
今後楽しみな作品の一つ。


B- Orange

未来の私が過去の私に向けて書いた手紙。
それが始業式の日の朝に偶然主人公のもとに届く。
手紙には今後起きる出来事と共に、未来の自分が後悔したことが書かれていた。
同じ後悔をしないために、行動を起こして欲しいという。
SFチックな少女漫画の模様。
いろいろとツッコミどころはあるが、今後に期待。


B+ Rewrite

Keyのアニメ作品の模様で、学園ミステリーモノ。
というわけで、Keyらしいというか、キャラ設定はしっかりしている。
あとはストーリーだが、これは現時点ではちょっとどうなるか分からない。
やっぱり今後に期待。


D  D Gray-man HALLOW

たぶん続きモノだった模様。
というわけで、前回までの話がどうなっているか分からないため、こんな評価になった。
要するに、今期から見てもかなり微妙ということだ。
というわけで一話切りとなった。



B+ NEW GAME

高校卒業後、憧れのゲーム会社に勤めることになった新人女性グラフィッカーの生活を描く。
初勤務でのドジ話などがコミカルに描かれているが、その裏にはしっかりとブラック企業の恐ろしさが描かれているとかなんとか。
とはいえ、ゲーム会社ってそんなもんだろというのは共通の認……(ry。
今後面白くなりそうな気もする作品。



A  アルスラーン戦記 風塵乱舞

前回に続き、アルスラーン王子の戦いを描く。
設定がしっかりしている感じなので、見ていて楽しい。
今期も大いに期待。



C- レガリア The Three Sacred Star

冒頭からの大爆発と無人になった街。
ここまではかなり期待して観ていたものの、その後に凸凹な姉妹が出現。
どうやら百合アニメになるようだと思い、少し興奮が冷めたころにロボットとおっさんが登場。
唐突な展開に思わず食べていた柿の種を吹っ飛ばした。
そうしてエンディングが始まる頃には、次の予約を取り消した。
いや、ほんとうは今後も見ても良かったのだけれど、今期はちょっとアニメタイムを減らしたいところなので、仕方なく視聴中止となった。
仕方なくだ。



B+ この美術部には問題がある!

部室で寝てばかりいる部長と真面目な女子しかいない美術部。
そこに2次元しか愛せない、絵の上手い男子が入ってきた。
というわけで、主にまじめな女子と2次元嫁を描くことに熱意を燃やす男子の物語。
プロット展開などは秀逸で、面白い。
今後も楽しみな作品。



D  <ハオライナーズ>一人之下 the outcast 

墓からよみがえるゾンビ、そこへ現れる謎の女性。
もうなんというか、中学生が書く漫画ってこんな感じだよなという感があり、懐かしさと独特のほほえましさがある。
ちなみに登場人物は中国人だった。
どうやら中国アニメの模様。
でも結構よく動いていたと思う。
ただ、一話で視聴終了とした。



D  アンジュ・ヴィエルジュ

セガががんばっているらしいアニメ。
というわけで見てみた。
しかし第一話から、登場キャラたちがその出演シーンのほとんどをスッポンポンで過ごすのはいかがなものだろうか……。
これ以上脱げそうもなかったので、一話終了とした。



B- ベルセルク

独特な絵とこれまた修羅的なストーリーが魅力のアニメ。
北斗の拳をどことなく思わせる主人公。
グロイので一話終了にしようかと思ったが、ちょっと見続けてみようと思う。



D  エンドライド(2クール目)

惰性で片手間に見てしまっているアニメ。
目標はエンディングまでしっかり見ること。



A+ Re: ゼロから始める異世界生活(2クール目)

1クール目終了あたりまでは、ストーリー展開はともかく、キャラの描き方がかなり微妙なために、怪しい展開になってきていたものの、最近になってまた面白くなってきている。
特に15話は結構強烈。
ただ、グロい意味で目を覆いたくなるような場面も多く、18禁的なアニメだと思う。



と、今期はこんな感じ。
あまりネタバレしないように書いてみたが、ばれていたらすまぬ。



2016年春アニメ決算

2016年の春アニメが一通り終わってちょっと経ったので、そろそろレビューを書きたいと思う。
毎度の独断と偏見に基づく個人評価なので、評価の云々についてはあしからずなのだ。


評価手法は次の通り:(S(90点以上)>A>B>C>D>E(10点以下))

D-  エンドライド
A+ アウトブレイク・カンパニー
A  ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?
A  あんハピ
A+ 僕のヒーローアカデミア
C+ ふらいんぐうぃっち
A- はいふり(ハイスクール・フリート)
A- くまみこ
C- 迷家―マヨイガ―
A+ 甲鉄城のカバネリ
A  Re: ゼロから始める異世界生活
B+ 暗殺教室~二期~
D+ ビッグオーダー


以下、簡易レビュー。

D-  エンドライド(ランクダウン)

異世界冒険モノなのに、いまいちインパクトに欠ける。
ストーリーも特筆すべきものがなく、平凡。
でもなんか2クールらしい……。



A+ アウトブレイク・カンパニー(ランク維持)

なんだかんだ言って、今期で1,2番を争うくらい面白かったんじゃないかと思う。
こちらもエンドライドと同じく異世界モノなのだが、コンセプトが明確なため、ストーリーもわかりやすい。
そして何より主要キャラがきちんとしている。
それがこの作品に惹きつけられる魅力なのだと思う。
続編が見たいところ。



A  ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?(ランクアップ)

リアルではありえない設定を、さもあり得るように描き、怒涛の突撃を繰り返して視聴者を引き込んでしまうアニメ。
こちらも主要キャラはそれなりにしっかり描いており、好感が持てる。
ストーリー展開はいまいちなところもあるが、十分楽しめる作品。



A  あんハピ(ランクアップ)

ストーリーがかなり微妙なため、途中まで気怠く見ていたが、だんだんステップアップな主題歌とのんびりしたエンディングテーマに洗脳され、さらにはティモシーラップと独特なキャラの会話にはまってしまった。
どことなく切なさが感じられる作品だった。



A+ 僕のヒーローアカデミア(ランクアップ)

絵が昔のボンボンとかコロコロコミックのような懐かしい感じなので、今時の子供に受けるんだろうかと心配していたが、第二期もやるということなので、結構好評だったのかもしれない。
ストーリーはほとんど申し分なく、少年漫画らしさ抜群である。
アウトブレイクカンパニーと並び、今期1,2を争うアニメ。
第二期にとっても期待。



C+ ふらいんぐうぃっち(ランクダウン)

のんびりほのぼの系。
独特の世界観を構築するまでには至っていないが、くじらの回などは面白かった。



A- はいふり(ハイスクール・フリート)(ランク維持)

ストーリーとキャラの描き方はいい感じだが、プロット展開がいまいちだった。
色々と問題を山積したまま、帰港となったため、ハッピーエンドではあるが、微妙な不思議さが残る。
オープニングテーマは好き。



A- くまみこ(ランクダウン)

基本的に面白い。
面白いのだが、その面白さの上下差が激しすぎる。
つまらない回の時はとことんつまらない。
最終回あたりはかなり微妙。
このアニメの瞬間最大風速は、くまみこDJの時だと確信。



C- 迷家―マヨイガ―(ランクダウン)

初回から多数のキャラが登場したこと、それからタイトルの怪しさなどに期待を寄せていたが、いざ始まってみると、どんどん話が微妙な展開になっていってしまった。



A+ 甲鉄城のカバネリ(ランクダウン)

第七話あたりまでなら文句なくSランク確定のアニメだった。
しかしviva様が登場してから情勢変化。雲行きが怪しくなる。
最終回で少し持ち直した感じに見えたが、微妙な終わり方。
なんとかまとめなくちゃといった感じが見え隠れしているのが切ない。
世界観の設定からして、もっと素敵な描き方があったんじゃないかと思う。
勿体無い作品。
ただ、エンディングテーマは素敵。



A Re: ゼロから始める異世界生活(ランクダウン)

こちらもカバネリ同様、途中までなら主人公のウザさを差し引いてもSランク級のアニメだった。
2クール目に入ったので、また持ち直すことに期待。
やっぱりカバネリ同様、エンディングテーマはかなり素敵。



B+ 暗殺教室~二期~(ランクアップ)

2016年冬アニメからの2クール。
すべてに決着がつき、なんとも言えない微妙な満足感が残った。



D+ ビッグオーダー(ランクダウン)

初回から怪しい感じだったが、回を経る毎に中二病丸出しになってくる。
自分も中二病のようなもんだから、そういうのは問題ないのだけれど、ここまでプロットとかめちゃくちゃなのは見ていて困る。
ドカーンと打ち上げたロケットが、大気圏突入する前に燃料切れを起こした感じのアニメ。


とこんな感じだろうか。

消費税さらに肉のまのまいぇい

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160521-00000086-asahi-pol

消費増税「予定通り」 麻生氏、米財務長官に伝達

以下、2ちゃんねるの反応。


2 : イス攻撃(庭)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/05/22(日) 00:32:18.76 ID:HGk1E7ye0.net [1/1回]
まさにアメリカの犬

3 : ツームストンパイルドライバー(チベット自治区)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/05/22(日) 00:33:44.08 ID:dFJfh6ZG0.net [1/1回]
51番目の州なんだから当然の報告義務だろ

4 : フランケンシュタイナー(九州地方)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/05/22(日) 00:33:59.81 ID:cshDRboVO.net [1/1回]
死ねばいいのに

@熊本市住み
5 : ストレッチプラム(千葉県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/05/22(日) 00:34:53.87 ID:u2f1Mxfz0.net [1/1回]
こんなのタックスヘイブンの対策してからの話だろーに

安倍にも麻生にもガッカリ
6 : ミドルキック(dion軍)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/05/22(日) 00:35:05.97 ID:obXPNLl/0.net [1/1回]
パナマ文書とかタックスヘイブンとかまったくスルーですか、そうですか




(@ ̄□ ̄@;)!!
いや、ほんと、なにか一言いうとすれば、なにこれこわいくらいしかない。
アメリカの財務長官に言ったというのがミソなんだろうけれど、ちょっとその意図が良く分からない。
麻生さんのことだから、きっと何か深く考えてのことなんだろうとは思いたいが。
どうなんだろうか?

「円高パニック」を招いた黒田日銀の「失敗」

「円高パニック」を招いた黒田日銀の「失敗」


ヤフコメみたら、「80円台のときもあったんだし、余裕でしょ」みたいなコメントに賛同する人がたくさんいてちょっとびっくらこいた。
で、こういうコメントに続いて出て来るのが、かつての民主党時代の批判。
あの時代は80円台だったじゃん、というもの。
だから今の自民党はまだマシなのだと。


たしかに民主党は本当に酷かったし、どうしようもないくらいアレだったんで、いわば日本史の黒歴史みたいなもんになっている。
色々と酷い点を挙げてゆくときりがないので、いずれにせよ、それはともかくここでは置いておくことにする。
問題なのは、あの時が80円台だったから大丈夫という考えだ。
こちらが本題。



まず、「あの時」とはそもそもの想定レートが違う。
企業はそれぞれ為替の想定レートを独自に考え、行動している。
したがって、80円台の当時は、80円台に沿った想定をして動いていた。
しかも今にして思えば、ほとんどの企業が楽観的な想定ではなく、結構悲観的な想定だったように思う。
いわば守りの態勢で動いていたってことだ。
ドラクエでいえば、いのちだいじにの作戦でいっていたことになる。


では、今はどうか?
今は明らかに楽観的な想定になっている。
120円近くを想定しているところもまだあるし、平均すれば117円くらいではないかと思われる(4月の短観では117円46銭)。
大手の中では、記憶に間違いがなければ、トヨタが115円と想定しているはず。
他方、キヤノンは先日想定レートを111円に引き下げ、それに伴って業績予想も下方修正したばかりだ。
しかし今回のはそれをさらに上回る円高のため、この想定ルートもすでに厳しいものになっている。
当然、さらなる業績の下方修正を迫られることになるかもしれない。
ちなみにトヨタは1円違えば約300億動くといわれているから、現状でおよそ2700億円が消えたことになる。



なぜ、企業がこれほど楽観的なのか。
それを考えたときに真っ先に浮かぶのは、かつての護送船団方式の国家主導主義だ。
アベノミクスは、まさにこの国家が後ろ盾になり、一斉攻勢に出る、ドラクエでいえばガンガンいこうぜの作戦に他ならない。
俺たち(日本国)がバックアップするから(法人税減税、円安など)、おまえら(企業)好きなだけ暴れてこいやって作戦。
国家が後ろ盾になっているんだから、大丈夫だろう。
いわゆる国策には逆らうなってやつだ。
そんな考えが、現在の為替レートの想定に代表されるように、企業側の根底にあるように思う。
現在の甘い想定レートには、こうした背景がるのではないだろうか。



とはいえ、昨年あたりから国のバックアップとやらがどうも怪しくなってきた。
今年の2月には「ガンガンいこうぜ」の作戦のまま、なぜか国が銀行の足を引っ張り始めた(正確には日銀が、ということになるが、これはもはや国といっても差し支えはないだろう)。
度重なる円高へのチャレンジも、何ら対抗策を見せることなく、見て見ぬふりを続けている。
そして先日の、「様子見」ときた。
まるで爆弾岩が不気味に様子を見ている状態とよく似ている。
爆発を恐れて市場が混乱するのも無理はない。

「日本(国)は動かない」

おそらく大方の人が思うように、これが日本政府の非公式なメッセージであり、またヘッジファンドの現在の見解じゃないだろうか。
というわけで、現状、日本円と日本株がサンドバック状態になっている、ような気がする。



したがって、これに関しては、企業が悪いというよりも、やはり国が悪い。
もちろん企業側も、のんきに国に頼ってんじゃねーよと言うこともできる。
しかし国がバックアップすると言った以上、「このすば」のダクネスたんのように、いかなる時も守るという姿勢を見せてもらいたいものだ。
どうせお前の剣(経済政策)には期待してないからいいのだが、せめて盾くらいにはなってくれってやつ。



というわけで話がだいぶそれてしまったが、要するに、あの時は大丈夫だったから今も平気という考えは、今回の件では当てはまらないってこと。
あの時はあの時、今は今。
で、今は後ろ盾をするって言ったはずの国が混乱しているから、前よりもタチが悪いかもねってことだ。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

スポンサードリンク







最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
linne
性別:
男性
職業:
モーグリ工科大学 クリスタルエンジニアリング研究科 クリスタルライザー助手
趣味:
バナナの皮むき
自己紹介:
ちゃきちゃきの江戸っ子だが、サイタマ生まれ。
春日部ファイヤーを合言葉に東京征服をたくらむ。

バーコード

ブログ内検索

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 寺子屋フルメタルイノベーションZ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]