忍者ブログ

寺子屋フルメタルイノベーションZ

これまでに見たアニメとか映画とか、読んだ本とか、そういうのの簡単なレビューを書いていこうかなと思っています。といっても、もとは日記のブログなので、やっぱり初心忘れずって感じで日記っぽいのもたまに書いていきます。お風呂で泳ぐです。

   

さらに戦うドコモたち

ドコモとKDDIとソフトバンク。
本日そろってドボンって、すげー。
マジすげー。
政府が批判だもんな。
そりゃドボンするわ。

一企業を批判とか、どこの共産主義国家かよと思うが、限らわれた枠を免許制で独占しているのだから、ある意味仕方のないことなのかもしれない。
政府の介入も、ある程度はやむを得ないだろうと思う。

しかしそれを言えば、自由化になったとはいえ電力主要会社もそうだし、インフラ系はどこも独占していて高いのではないか?ということにもなるんじゃねーかな。
またそういった意味では、NHKは一番批判されてしかるべきだと思うが、この辺は政府も見事にスルーしちゃうんだな。
何故、政府による批判の対象が通信会社のみなのか?についての疑問は、結局のところ解消されないままなのが残念だ。


それと、仮に批判するにしても、漠然と料金が高いと批判するのではなく、料金の何が高いのか具体的に批判するべきではないか?

その点で見れば、データ通信料の単価はいくらなんでも高過ぎるだろうと思う。
今年、ドコモがあんまり使わない人向けに従量制のプランを創設したのは記憶に新しい。
しかし、このプランでは割高な通信料の根本的な解決にはならなかった。
というのも、そもそものパケット単価が高額だからだ。
そのためすぐに上限に到達し、使い放題プランと差がなくなってしまう。
つまり、安いプランに見えて、実際は前と変わっていないじゃねーか問題が生じてしまっている。

したがって、この単価の部分を変更しない限り、新たに料金値下げとして打ち出した従量制プランは意味が全くないことになる。
そこで、改善としては例えば、1Gで500円、移行1G毎に400円とかにして、5G で2100円くらいになれば、高いと政府に批判されるいわれもなくなるだろう。
このくらいならば、おそらく格安SIMとの棲み分けもできるはずだ。

いずれにせよ、料金の何が高いのかを明確にして批判しないと、また小手先でかわされる可能性が出てくる。
楽天とKDDIが提携発表したことで、楽天による価格破壊が殆ど期待できなくなってしまった以上、何をどう下げるのか、その部分を具体的にしてゆくことが更に望まれるに違いない。

PR

マイナス10%の衝撃

ストロング零ってのが美味しいらしいね。
なんにでも合うとかそういう話をきく。


たとえば、お茶漬けのお茶の代わりにストロングゼロ。

お味噌汁の味噌の代わりに、ストロングゼロ。

これからの季節だと、シチューの牛乳の代わりにストリングゼロ。

お料理のレパートリーなんかも増えると思うんで、お勧めできそうな勢いです。

ワイ、不動産屋に3連休の予定を聞かれる。

無色なんですが、また某不動産屋から連絡がきました。
俺に3連休の予定を聞いて、どうするつもりなのかと小一時間悩む。
不動産屋が主催の購入ツアーみたいのに連れていかれるんやろか?
怖いわ。
ぜひ見に来てくださいとか言われても、物件買うだけの金なんて持ってない言うとるのに。
それとも話し相手が欲しいんやろか。
謎だわ。


あるいは、もしかして、スル〇銀〇みたいな感じで融資⇒購入の流れを狙ってるんだろうか?
だとしたらもっと怖いわ。

ラグナロクオンライン

久しぶりにラグナロクオンラインをやりたくなった。
そこで公式サイトを見てみたのだけれど、何かもう別世界になっている。
職業やレベルの上限も増えているし、何やらソロで狩りに出られるような気軽にプレイできる環境でもなさそうだ。
つまり、今からやるにはかなり敷居が高い模様。
それとプレイ料金が30日1500円。
1dayチケット105円もあるけれど、相変わらず公認ネットカフェのみで購入可能らしい。
気軽においそれとプレイできるゲームではないのは分かっていたものの、こういうのはあまり変わらないんだなあと思った。

というわけで熱が冷めてしまった。
何か代替のものはないかということで、またシムシティ4ラッシュアワーでもやろうかと思っている。
ほんまシムシティ4ラッシュアワーは名作やで。

不動産相場に変化の兆しか?

ここ数年、ずいぶんと静かになった不動産屋からの営業。
それがここのところまた来るようになった。
こちらが無色だと伝えると、すぐに電話を切ってくれるが、それを言わない限り、営業トークが長々と続く、あの不動産屋の猛烈アタックである。
ちなみにこの話は都内、それも23区内での出来事だ。

首都圏近郊や地方では、すでに2、3年前あたりから不動産価格が怪しいらしいと言われていたようだが、遂に都内でもそんな状況になっている、ということなのだろうか?
町の不動産屋の窓に張られているチラシなどでは、価格の下落が生じているとはちょっと考えられないし、むしろ横ばいな雰囲気満載であるが、水面下ではやばい状況になってきているのかもしれない。
まあ、不動産屋の店先広告なんて嘘っぱちなこともあるから、当てになんてならないけれども(店先の広告を見て、店内に入って尋ねてみたら、ああだこうだ言われて全然違う物件を紹介された経験がある人は多いだろう。つまり、店先広告なんてそんな程度のものである)。


ともあれ、不動産価格崩壊の兆しが見えてきたのであれば、これから不動産を投資目的ではなく、純粋に住居目的で買おうという人には良い時代が来るのかもしれないと思った。
あとは、下落がどの程度続くかだな。
さすがにこればかりは分からない。

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

スポンサードリンク





最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
linne
性別:
男性
職業:
モーグリ工科大学 クリスタルエンジニアリング研究科 クリスタルライザー助手
趣味:
バナナの皮むき
自己紹介:
ちゃきちゃきの江戸っ子だが、サイタマ生まれ。
春日部ファイヤーを合言葉に東京征服をたくらむ。

バーコード

ブログ内検索

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 寺子屋フルメタルイノベーションZ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]