忍者ブログ

寺子屋フルメタルイノベーションZ

これまでに見たアニメとか映画とか、読んだ本とか、そういうのの簡単なレビューを書いていこうかなと思っています。といっても、もとは日記のブログなので、やっぱり初心忘れずって感じで日記っぽいのもたまに書いていきます。お風呂で泳ぐです。

   
カテゴリー「アニメ」の記事一覧

2016年 夏アニメはじまったよ

2016年の夏アニメが始まってから少し経ったので、そろそろレビューをしてみたいと思う。
その前に全体の印象をば。
今期は食戟のソーマやアルスラーン戦記もあって結構期待していたのだけれど、前期よりもちょっと小粒感が否めない感じだ。
ただ、面白くなりそうなものはいくつかあるので、今後も視聴してゆきたいところ。



さて、評価手法は次の通り:(S(90点以上)>A>B>C>D>E(10点以下))

B  食戟のソーマ 弐ノ皿
A- RELIFE
B- Orange
B+ Rewrite
D  D Gray-man HALLOW
B+ NEW GAME
A  アルスラーン戦記 風塵乱舞
C- レガリア The Three Sacred Star
B+ この美術部には問題がある!
D  <ハオライナーズ>一人之下 the outcast 
D  アンジュ・ヴィエルジュ
B- ベルセルク
D  エンドライド(2クール目)
A+ Re: ゼロから始める異世界生活(2クール目)


以下、簡易レビュー。


B  食戟のソーマ 弐ノ皿

秋の選抜本戦からの戦いを描く。
テンポがちょっと速く、ストーリーが大味になっている気がしないでもない。
田所恵は相変わらずかわいい。
もっと方言を全面に押していけば◎。


A- RELIFE

28歳のニートが社会復帰のために、肉体だけ若返って高校生活をやり直すチャンスをもらう話。
設定が面白く、キャラもそれなりにしっかりしている。
あるあるネタが入っており、笑いもある。
今後楽しみな作品の一つ。


B- Orange

未来の私が過去の私に向けて書いた手紙。
それが始業式の日の朝に偶然主人公のもとに届く。
手紙には今後起きる出来事と共に、未来の自分が後悔したことが書かれていた。
同じ後悔をしないために、行動を起こして欲しいという。
SFチックな少女漫画の模様。
いろいろとツッコミどころはあるが、今後に期待。


B+ Rewrite

Keyのアニメ作品の模様で、学園ミステリーモノ。
というわけで、Keyらしいというか、キャラ設定はしっかりしている。
あとはストーリーだが、これは現時点ではちょっとどうなるか分からない。
やっぱり今後に期待。


D  D Gray-man HALLOW

たぶん続きモノだった模様。
というわけで、前回までの話がどうなっているか分からないため、こんな評価になった。
要するに、今期から見てもかなり微妙ということだ。
というわけで一話切りとなった。



B+ NEW GAME

高校卒業後、憧れのゲーム会社に勤めることになった新人女性グラフィッカーの生活を描く。
初勤務でのドジ話などがコミカルに描かれているが、その裏にはしっかりとブラック企業の恐ろしさが描かれているとかなんとか。
とはいえ、ゲーム会社ってそんなもんだろというのは共通の認……(ry。
今後面白くなりそうな気もする作品。



A  アルスラーン戦記 風塵乱舞

前回に続き、アルスラーン王子の戦いを描く。
設定がしっかりしている感じなので、見ていて楽しい。
今期も大いに期待。



C- レガリア The Three Sacred Star

冒頭からの大爆発と無人になった街。
ここまではかなり期待して観ていたものの、その後に凸凹な姉妹が出現。
どうやら百合アニメになるようだと思い、少し興奮が冷めたころにロボットとおっさんが登場。
唐突な展開に思わず食べていた柿の種を吹っ飛ばした。
そうしてエンディングが始まる頃には、次の予約を取り消した。
いや、ほんとうは今後も見ても良かったのだけれど、今期はちょっとアニメタイムを減らしたいところなので、仕方なく視聴中止となった。
仕方なくだ。



B+ この美術部には問題がある!

部室で寝てばかりいる部長と真面目な女子しかいない美術部。
そこに2次元しか愛せない、絵の上手い男子が入ってきた。
というわけで、主にまじめな女子と2次元嫁を描くことに熱意を燃やす男子の物語。
プロット展開などは秀逸で、面白い。
今後も楽しみな作品。



D  <ハオライナーズ>一人之下 the outcast 

墓からよみがえるゾンビ、そこへ現れる謎の女性。
もうなんというか、中学生が書く漫画ってこんな感じだよなという感があり、懐かしさと独特のほほえましさがある。
ちなみに登場人物は中国人だった。
どうやら中国アニメの模様。
でも結構よく動いていたと思う。
ただ、一話で視聴終了とした。



D  アンジュ・ヴィエルジュ

セガががんばっているらしいアニメ。
というわけで見てみた。
しかし第一話から、登場キャラたちがその出演シーンのほとんどをスッポンポンで過ごすのはいかがなものだろうか……。
これ以上脱げそうもなかったので、一話終了とした。



B- ベルセルク

独特な絵とこれまた修羅的なストーリーが魅力のアニメ。
北斗の拳をどことなく思わせる主人公。
グロイので一話終了にしようかと思ったが、ちょっと見続けてみようと思う。



D  エンドライド(2クール目)

惰性で片手間に見てしまっているアニメ。
目標はエンディングまでしっかり見ること。



A+ Re: ゼロから始める異世界生活(2クール目)

1クール目終了あたりまでは、ストーリー展開はともかく、キャラの描き方がかなり微妙なために、怪しい展開になってきていたものの、最近になってまた面白くなってきている。
特に15話は結構強烈。
ただ、グロい意味で目を覆いたくなるような場面も多く、18禁的なアニメだと思う。



と、今期はこんな感じ。
あまりネタバレしないように書いてみたが、ばれていたらすまぬ。



PR

2016年春アニメ決算

2016年の春アニメが一通り終わってちょっと経ったので、そろそろレビューを書きたいと思う。
毎度の独断と偏見に基づく個人評価なので、評価の云々についてはあしからずなのだ。


評価手法は次の通り:(S(90点以上)>A>B>C>D>E(10点以下))

D-  エンドライド
A+ アウトブレイク・カンパニー
A  ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?
A  あんハピ
A+ 僕のヒーローアカデミア
C+ ふらいんぐうぃっち
A- はいふり(ハイスクール・フリート)
A- くまみこ
C- 迷家―マヨイガ―
A+ 甲鉄城のカバネリ
A  Re: ゼロから始める異世界生活
B+ 暗殺教室~二期~
D+ ビッグオーダー


以下、簡易レビュー。

D-  エンドライド(ランクダウン)

異世界冒険モノなのに、いまいちインパクトに欠ける。
ストーリーも特筆すべきものがなく、平凡。
でもなんか2クールらしい……。



A+ アウトブレイク・カンパニー(ランク維持)

なんだかんだ言って、今期で1,2番を争うくらい面白かったんじゃないかと思う。
こちらもエンドライドと同じく異世界モノなのだが、コンセプトが明確なため、ストーリーもわかりやすい。
そして何より主要キャラがきちんとしている。
それがこの作品に惹きつけられる魅力なのだと思う。
続編が見たいところ。



A  ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?(ランクアップ)

リアルではありえない設定を、さもあり得るように描き、怒涛の突撃を繰り返して視聴者を引き込んでしまうアニメ。
こちらも主要キャラはそれなりにしっかり描いており、好感が持てる。
ストーリー展開はいまいちなところもあるが、十分楽しめる作品。



A  あんハピ(ランクアップ)

ストーリーがかなり微妙なため、途中まで気怠く見ていたが、だんだんステップアップな主題歌とのんびりしたエンディングテーマに洗脳され、さらにはティモシーラップと独特なキャラの会話にはまってしまった。
どことなく切なさが感じられる作品だった。



A+ 僕のヒーローアカデミア(ランクアップ)

絵が昔のボンボンとかコロコロコミックのような懐かしい感じなので、今時の子供に受けるんだろうかと心配していたが、第二期もやるということなので、結構好評だったのかもしれない。
ストーリーはほとんど申し分なく、少年漫画らしさ抜群である。
アウトブレイクカンパニーと並び、今期1,2を争うアニメ。
第二期にとっても期待。



C+ ふらいんぐうぃっち(ランクダウン)

のんびりほのぼの系。
独特の世界観を構築するまでには至っていないが、くじらの回などは面白かった。



A- はいふり(ハイスクール・フリート)(ランク維持)

ストーリーとキャラの描き方はいい感じだが、プロット展開がいまいちだった。
色々と問題を山積したまま、帰港となったため、ハッピーエンドではあるが、微妙な不思議さが残る。
オープニングテーマは好き。



A- くまみこ(ランクダウン)

基本的に面白い。
面白いのだが、その面白さの上下差が激しすぎる。
つまらない回の時はとことんつまらない。
最終回あたりはかなり微妙。
このアニメの瞬間最大風速は、くまみこDJの時だと確信。



C- 迷家―マヨイガ―(ランクダウン)

初回から多数のキャラが登場したこと、それからタイトルの怪しさなどに期待を寄せていたが、いざ始まってみると、どんどん話が微妙な展開になっていってしまった。



A+ 甲鉄城のカバネリ(ランクダウン)

第七話あたりまでなら文句なくSランク確定のアニメだった。
しかしviva様が登場してから情勢変化。雲行きが怪しくなる。
最終回で少し持ち直した感じに見えたが、微妙な終わり方。
なんとかまとめなくちゃといった感じが見え隠れしているのが切ない。
世界観の設定からして、もっと素敵な描き方があったんじゃないかと思う。
勿体無い作品。
ただ、エンディングテーマは素敵。



A Re: ゼロから始める異世界生活(ランクダウン)

こちらもカバネリ同様、途中までなら主人公のウザさを差し引いてもSランク級のアニメだった。
2クール目に入ったので、また持ち直すことに期待。
やっぱりカバネリ同様、エンディングテーマはかなり素敵。



B+ 暗殺教室~二期~(ランクアップ)

2016年冬アニメからの2クール。
すべてに決着がつき、なんとも言えない微妙な満足感が残った。



D+ ビッグオーダー(ランクダウン)

初回から怪しい感じだったが、回を経る毎に中二病丸出しになってくる。
自分も中二病のようなもんだから、そういうのは問題ないのだけれど、ここまでプロットとかめちゃくちゃなのは見ていて困る。
ドカーンと打ち上げたロケットが、大気圏突入する前に燃料切れを起こした感じのアニメ。


とこんな感じだろうか。

2016年春アニメ

2016年の春アニメが始まり、すでに3週間くらいが経過。
というわけで、恒例のレビューっぽいことをやってみた。



評価手法は次の通り:(S(90点以上)>A>B>C>D>E(10点以下))

D  エンドライド
A+ アウトブレイク・カンパニー
B+ ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?
B- あんハピ
B+ 僕のヒーローアカデミア
B- ふらいんぐうぃっち
A- はいふり(ハイスクール・フリート)
A  くまみこ
B- 迷家―マヨイガ―
S  甲鉄城のカバネリ
A+ Re: ゼロから始める異世界生活
B- 逆転裁判
B  暗殺教室~二期~
C+ ビッグオーダー


以下、簡易レビュー。


D  エンドライド

ストーリーはともかく置いといて、作画とアニメーションが雑な気がする。
それがかなり残念。
内容に関しては、地上と地下世界の融合と衝突という異世界系がテーマになっているため、今後少しは期待できそうな展開になっている、はず。



A+ アウトブレイク・カンパニー

異世界萌えアニメかと思いきや、意外と身分制などの社会的テーマにも食い込んでくるものになっており、ちょっと面白い。
今楽しみな作品のひとつ。



B+ ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?

ネカマだと知らずに告白し振られたことで、ネトゲーでは二度と恋をしないと誓った主人公だったが、猛烈に押してくるヒーラーに押される形でゲーム内で結婚する。その後、オフ会を行い実際に会ってみると……。
理想的現実性の描写というのだろうか、そんな期待感が満載されたアニメ。
設定もそれなりにしっかりしており、面白い。



B- あんハピ

日常の様々な瞬間で運がない主人公たち。そんな彼女たちが入学した学校では、幸運になるための授業を行うというクラスがあった。という設定で物語が進んでゆく。
全体的にのほほんとしているが、何か一波乱起きそうな雰囲気もあり、悪くはない。



B+ 僕のヒーローアカデミア

少年コミックっぽい内容のアニメ。
近未来(だったかな?)の世界、生まれてくる人間のほとんどが特殊能力を持つようになり、そうした中からヒーローと呼ばれる英雄たちが登場してきた。主人公もそんなヒーローに憧れる中学生。しかし彼には、誰しもが持っているといっていい特殊能力がまったくなかった……。
努力と根性と勇気でヒーローへの道をつかんでゆく、応援系アニメと思われる。
臭い台詞もあるが、ちょっと面白い。



B- ふらいんぐうぃっち

田舎で暮らす魔女っ子女子高生の日常アニメ。
のほほん系で気軽に見られそうである。


A- はいふり(ハイスクール・フリート)

萌え系アニメかと思いきや、意外とシリアスな展開なので期待しているアニメ。



A  くまみこ

くまのナツと巫女のマチと田舎住民たちが繰り広げる、日常系ほのぼのシニカルアクションレビューアニメ。
毎回、小ネタをところどころに挟んでくる。
基本的に面白い。



B- 迷家―マヨイガ―

初回こそ期待できそうな内容だったが、その後だんだん微妙な展開に。
作品が醸し出すミステリー的なところが良いのに、それがあまり活かされていない。



S  甲鉄城のカバネリ

今のところ、今期ナンバーワンのアニメ。
バイオハザードの世界が、中世的近未来の世界と融合しているエキセントリックかつオリエンタルな雰囲気もさることながら、ストーリーやメッセージ性など、どれも今後、さらに面白くなりそうな要素であふれている。



A+ Re: ゼロから始める異世界生活

アウトブレイク・カンパニーと並ぶ、今期ナンバー2を争うかと思われるアニメ。
アクティブ系引きこもりの主人公が異世界へ。
異世界到着後、ロールプレイングゲームのように、死ぬたびに何度もスタート地点に戻されることになる。
そうしたリピートの中で、次の一手を掴んでゆくことがテーマの模様。
「待った」ができる将棋のような感じでもあり、面白い。



B- 逆転裁判

ゲームをしっかり再現している。
内容についてはゲーム通りかな?



B  暗殺教室~二期~

前期に引き続き。
今期ではコロせんせーの謎が色々と解き明かされてきている。



C+ ビッグオーダー

まだちょっとなんとも言えない作品。
面白くなるか、それとも微妙になるのか、今後に期待。



C+ ドラゴンボール超

おっす、おら悟空。



さてはて、今期は視聴数を減らそうと思っていたのに、気づけばこのザマよ……。
このほか、千葉テレビで絶賛放映中のYAWARAもしっかり見ているわけで、一日38時間くらいほしいところです。


2016年冬アニメ感想

2016年冬アニメがぼちぼち完結したのが出てきたので、ここらでまた一つ感想を。

評価手法は次の通り:(S(90点以上)>A>B>C>D>E(10点以下))

S この素晴らしい世界に祝福を!
A+ 僕だけがいない街
C  ノルン+ノネット
B+ ハルチカ~ハルタとチカは青春する~
B+ 少女たちは荒野を目指す
C- アクティヴレイド 機動強襲室第八係
A- 昭和元禄落語心中
C  だがしかし
C- Dimension W
A  灰と幻想のグリムガル
C+ 蒼の彼方のフォーリズム
C- 亜人
B- 暗殺教室~二期~
A  赤髪の白雪姫~二期~


以下、簡易レビュー。


S この素晴らしい世界に祝福を!

まだ最後まで見ていないので暫定評価ではあるものの、内容はとても面白い。
ファンタジー系のパロディという、比較的斬新な設定のため、随所に笑える要素が詰まっている。
また声優さんの演技も素晴らしいので、見ていて引き込まれてしまう。



A+ 僕だけがいない街

毎回楽しみにしながらストーリーを追った。
多少テンポに遅さを感じることもあったが、逆にじっくり楽しむという点においては、それが良かったのかもしれない。
伏線の回収に期待していたが、その辺はうまく解決されていなかった。これだけが残念。
しかし総じてとても面白い内容なので、A+の評価。



C ノルン+ノネット

一言でいえば、大きな大砲をぶっ放してしまったんだけど、回収しないまま荒廃した状態で終わった、そんな感じの作品。
世界観は申し分ない。
問題なのはプロットとキャラ設定。
伝えたいものは何となくわかるので、この辺がもったいなかったと思う。



B+ ハルチカ~ハルタとチカは青春する~

音楽アニメ、かと思いきや、推理音楽アニメだった、かと思いきや、推理ドタバタアニメだった。
面白い回もあったが、すごく面白いかと言えばそうでもないのがつらいところ。
ただ、面白くないかといえば、そうでもないのがまた難しいところ。
そんな作品。観ておいて損はない。



B+ 少女たちは荒野を目指す

エロゲーを作ろうと奮闘する高校生たちを描くわけだが、これが多少生々しいところもあって、見ていて楽しかった。
他は特に可もなく不可もなく。



C- アクティヴレイド 機動強襲室第八係

一話完結型で途中それなりに面白い内容のものもあったが、最終話が近づくにつれて微妙に。
キャラも一部を除いて描き切れていないように思った。



A-  昭和元禄落語心中

昭和の落語家の物語。
人間関係の葛藤などが描かれており、今期の他のアニメ作品としては異色かもしれない。
内容についても面白いのだが、テンポがいまいち。
その物語を挟む必要性があったのか?という疑問が湧くものもあった。
と辛口だが、面白い部類だと思う。結果としてA-の評価。



C だがしかし

毎回、一つ二つの駄菓子をテーマに繰り広げられる、駄菓子コメディ。
なのだが、話の内容がどれも同じ。
葛藤とかそういうのはない。
懐かしさが手伝って、なんとか見られたが、それがなければ目も当てられないレベルだったかもしれない。



C- Dimension W

切れ切れのダンスのおっさんのドラマ。
主人公はおっさんではなく、ロボットの女の子にすべきだった。
魅力あるおっさんならともかく、いまいちなのだ。
ついでにいえば、内容もいまいち。



A 灰と幻想のグリムガル

リアリズムの視点を入れた、ファンタジーアニメの模様。
そのため、グロさや生々しさがあるが、それを耐えても凌駕する魅力がある。
ただし、このペースを続けられると、ちょっときついかもしれない。



C+ 蒼の彼方のフォーリズム

ストーリーは微妙。キャラ作りはそれなりにしっかりしている。
なんとなくの楽しさで最終回まで引っ張ってくれた。
最終回のフライングサーカスは観ているだけでも楽しくなるような感じにさせられる。



C- 亜人

視聴途中。
世界観はしっかりしているのだが、テンポが遅い。
キャラつくりは悪くないが、特筆すべきほどでもない。
グロ系が好きな人は楽しめると思う。



B- 暗殺教室~二期~

視聴途中。
前期に引き続き、ストーリーはしっかりしている。
しているのだが、前にも増して微妙な回がちらほら出てきた。
それでも安定してみていられる内容ではあるので、B-の評価。



A  赤髪の白雪姫~二期~

ゼーーーーーーン!
と叫ぶ女の子のCMがかわいいアニメ。
前半では、のほほんな感じの展開が続くが、途中で急展開。
後半になると、前期にもまして、白雪とゼン王子の関係がさらに進展してゆく。
第三期が楽しみな作品である。


と、こんな感じだろうか。


2016年春期アニメ

2016年春期アニメが始まってから少しばかり経ったので、ここらでひとつ感想を。

評価手法は次の通り:(S(90点以上)>A>B>C>D>E(10点以下))

C+ ノルン+ノネット
A- ハルチカ~ハルタとチカは青春する~
B+ 少女たちは荒野を目指す
D+ アクティヴレイド 機動強襲室第八係
A  昭和元禄落語心中
A+ 僕だけがいない街
C+ だがしかし
C- ブブキブランキ
C- ラクエンロジック
B- Dimension W
B+ 灰と幻想のグリムガル
C+ 蒼の彼方のフォーリズム
A+ この素晴らしい世界に祝福を!
B- 亜人


以下、簡易レビュー。

C+ ノルン+ノネット

ひとりぼっちの特殊能力を持った女子高生?が天上に浮かぶ島?で暮らす物語、の模様。
まだ始まったばかりなので、大きな展開にはなっていないが、ちょっと期待できそうな気もするのでこの評価。



A- ハルチカ~ハルタとチカは青春する~

音楽アニメ、かと思いきや、推理音楽アニメだった。
主人公の影が薄いのが切ないところだが、今後出番も増えると思う。
ちょっと楽しみな作品。



B+ 少女たちは荒野を目指す

エロゲーを作ろう!とがんばる高校生たちの青春物語?
設定が面白く、これも今後に期待できそう。



D+ アクティヴレイド 機動強襲室第八係

ロボットアニメの模様。
なんとなく微妙な気がするが、とりあえず視聴継続している。



A  昭和元禄落語心中

落語家の物語。
この手の話にありがちな、ムショあがりの若者が更生して落語家になる、いわゆる成長物語かなと思いきや、ちょっとニヒルな師匠の話に移り変わったのにびっくり。
そういう展開で来たかと、ちょっと意表をつかれた。
だが、それが面白い。
今期楽しみな作品のひとつ。



A+ 僕だけがいない街

今期1,2の出来を争うアニメになりそうな予感。
色々と伏線が張ってありそうな展開なので、そういうのを意識してみるのも面白ろそうだ。



C+ だがしかし

駄菓子をテーマにしたアニメ。
それ自体は面白いのだが、内容がぶっ飛んでいる。
たまに展開についていけないのに困るが、そこがいいのかもしれない。



C- ブブキブランキ
C- ラクエンロジック

今期はちょっと当たりのアニメが多そうなので、いつもなら続けてみるところだが、一話で終了となってしまった。ちょっと残念。


B- Dimension W

このアニメを一言でいえば、オープニングでおっさんが切れ切れのダンスをかますアニメ。



B+ 灰と幻想のグリムガル

ファンタジー系のアニメ。
ただし意外とグロテスクでもある。
ちょっと楽しみな内容なので、今後に期待。



C+ 蒼の彼方のフォーリズム

雰囲気が楽しそうなアニメ。
空飛ぶ靴が常用化されている学校を舞台に、なにやらハリーポッターのクリケット(だっけ?)のような遊びが展開されている。
キャラ同士の掛け合いがほのぼのしている。



A+ この素晴らしい世界に祝福を!

今期1,2を争う出来になりそうなアニメの一つ。
ファンタジー系で、シリアスな展開はなく、楽しく見られる感じだ。



B- 亜人

ダークな世界観でグロテスク。
ちょっと苦手な系統だが、ストーリーはしっかりしていそうな感じ。


今期はこんな感じか。
あとは暗殺教室と赤髪の白雪姫の第二期がここに入ってくる感じになりそう。
うーん、ちょっと多すぎるなぁ……。
まあ、ある種の暇人なんで、全部見るつもりだけど!

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

スポンサードリンク







最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
linne
性別:
男性
職業:
モーグリ工科大学 クリスタルエンジニアリング研究科 クリスタルライザー助手
趣味:
バナナの皮むき
自己紹介:
ちゃきちゃきの江戸っ子だが、サイタマ生まれ。
春日部ファイヤーを合言葉に東京征服をたくらむ。

バーコード

ブログ内検索

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 寺子屋フルメタルイノベーションZ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]