忍者ブログ

寺子屋フルメタルイノベーションZ

これまでに見たアニメとか映画とか、読んだ本とか、そういうのの簡単なレビューを書いていこうかなと思っています。といっても、もとは日記のブログなので、やっぱり初心忘れずって感じで日記っぽいのもたまに書いていきます。お風呂で泳ぐです。

   

世界は変われるか?

昨今の新型コロナ関連のニュースを追っている。
追っていて、気づいたことがある。
「信じるか、信じないかはあなた次第です」
という関暁夫の言葉が現実のものになってきた、ということだ。
たぶん、今度のことで世界が変わる。
ちょうど旧約聖書の創世記11にあるバベルの塔の話のように、人々の相互理解が消え、バラバラになる時が来たのではないだろうか。



で、コロナの話題に戻る。
最近増え続けているコロナ罹患者の数。
それに伴い、完治したという報道も聞くようになった。
だが、本当に完治するのか?という疑問がある。
少なくとも先々月頃には中国で話題になっていたものだが、3月も、そして4月になってもこの種の話がくすぶり続けている。

たとえばインディペンデント紙にはこうある。

Coronavirus: Can you get Covid-19 twice or does it cause immunity?
https://www.independent.co.uk/life-style/health-and-families/coronavirus-immunity-reinfection-get-covid-19-twice-sick-spread-relapse-a9400691.html


"While the recovery rate is promising, it does not mean that those who have been infected with coronavirus are not still at risk, as experts believe having the virus once does not mean you cannot get sick from it again."

どういうことかというと、一度新型コロナウイルスに罹患した者は再びコロナにかかる可能性がある、ということだ。

According to Li QinGyuan, director of pneumonia prevention and treatment at China Japan Friendship Hospital in Beijing, those who have been infected with Covid-19 develop a protective antibody - but it isn’t clear how long the protection lasts.

北京の中国人医師によれば、新型コロナに罹患した者は免疫抗体ができるとあるが、その免疫抗体がどの程度の期間持続するのかは定かではないという。

the antibody cannot last that long.
"For many patients who have been cured, there is a likelihood of relapse."

というか、それほど長くは続かないとあり、治癒した患者の多くには再発の可能性があると記す。

一方で、スティーブン医師はこれまでに知られているコロナウイルスの特性から、罹患すれば免疫システムができあがると見ている。ただし、そう言えるだけのデータはまだ無く、あくまでも過去の経験からということだ。

CDCも、MARSの患者が短期間で再発する可能性が低かったことを挙げてはいるが、果たして新型コロナがこれと同様かというと、まだはっきりしないという。



医学問題についてはド素人なのでなんとも言い難いのだが、中国での感染爆発が起きたのが1月で、それから既に2ヵ月以上は経っている。
にもかかわらず、その後の経過が良く分からないというのはどういうことなのだろうと不思議に思う。
中国が世界に治療経過データを渡していないということなのだろうか。
いずれにせよ、3月から爆発的に感染が増えた欧州のデータが出てくれば、この疑問が解決するに違いない。


なお、現在の日本の状況については黒木先生のレポートが非常に参考になる。
今何が起きているのかが良く分かるので、お時間の無い人にも是非一読をお勧めしたい。


https://shard.toriaez.jp/q1541/4.pdf


このレポートを読むと、政府は一応シナリオ通りに動いていたことが分かる。
3月時点では第一期の段階、すなわち、早期に感染者を特定し、早期にクラスターを潰すという戦略を立てていたわけだ。
この戦略が当時から批判されていたのはまだ記憶に新しいと思う。
その批判通りというか、この戦略は途中で失敗だったことが判明する。
症状のある者でさらに重症化する恐れのある者に特定し、調査範囲を狭めてしまったことで、初期の段階での医療崩壊こそ生じなかったが、無症状の感染者を野放しするハメになってしまったのだ。
そのため3月中旬以降、第一期から第二期への以降が起きる。
それにより、感染源不明による感染爆発となっているのが現在ということになる。
したがって、今はPCR検査数を増やし、感染者の全体数を把握する段階に来ていることになる。
これが上手くいっていないのは、行政の混乱ということか。



PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

スポンサードリンク






最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
linne
性別:
男性
職業:
モーグリ工科大学 クリスタルエンジニアリング研究科 クリスタルライザー助手
趣味:
バナナの皮むき
自己紹介:
ちゃきちゃきの江戸っ子だが、サイタマ生まれ。
春日部ファイヤーを合言葉に東京征服をたくらむ。

バーコード

ブログ内検索

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 寺子屋フルメタルイノベーションZ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]