忍者ブログ

寺子屋フルメタルイノベーションZ

これまでに見たアニメとか映画とか、読んだ本とか、そういうのの簡単なレビューを書いていこうかなと思っています。といっても、もとは日記のブログなので、やっぱり初心忘れずって感じで日記っぽいのもたまに書いていきます。お風呂で泳ぐです。

   

第三次世界大戦か?

「武漢研究所が新型コロナの感染源か?」と記者が質問 ⇒ トランプ大統領「徹底的に調査している」
https://www.huffingtonpost.jp/entry/trump-corona_jp_5e9923e2c5b63639081c148c



巷ではいよいよ第三次世界大戦かと騒がれているキッカケとなっているのがこの一連のニュース。
かねてから武漢の研究所が怪しいことは囁かれていたし、研究者の中には論文を寄せるものもいたが、その都度、迅速に消されていったという不可解な事態が発生していた。
それがここにきて、事態が大きく動き始めてきた感がある。
さすがの合衆国大統領なので、今度は消されることはないだろう。



ともあれ、問題はこの後どうなるのか?ということだ。
仮に中国が捲いたことが確実だとすれば、世界中が被害を被っているわけで、各国は相応の賠償を請求することになるのは間違いない。
人的被害だけでなく経済的なダメージも考慮すれば、被害額は想像を絶するレベルに達している。
しかし中国が素直にそれに応じるかは未知数だ。
賠償を支払いきれるのか?という問題があるだけではない。
そもそも基本的に自分の非を認めることがないのが中国人。
特にそれが大問題になると分かれば、絶対に認めないだろう。
したがって、賠償問題が素直にかたが付くとは思えない。


ならば巷で言われているように戦争か?
というと、それもないと思う。
今、戦争をすれば一瞬で世界が吹っ飛ぶ。
中国政府が自暴自棄にでもならない限り、そういう事態に陥ることはまずないだろう。
むしろありえそうなのは、中国内部からの崩壊である。


今回のコロナの件で、中国経済もメタメタになっている、らしい。
らしいというのは中国発表だから。
本当かどうかは分からない。
いずれにしてもいわば自爆の形ではあるが、混沌とした経済状況に耐えきれなくなった中国人が内部から暴れて政府を崩壊させてゆく。
そういう形になるのではないかと思う。
その後、賠償云々の問題に関しては、悪いのは全て前の中国政府だ、中国人は悪くないという論法で進めるのではないだろうか。


とはいえ、中国政府は国民統制にかけては非常に有能である。
おそらく既に今回の露見もシミュレート済みで、そうなった場合、一番恐れるべきはアメリカやヨーロッパ、日本などの諸外国ではなく、中国内に存在する自国民だということをよくわかっているのだろう。


中国はコロナの後すぐに病院建設を始めたのは見事だったが、どさくさに紛れて中国中に監視カメラを導入したという。
それにより逃亡犯がもう逃げきれないと言って出頭してきた話まで出ている。
「中国人が信用しないのは中国人である」とはよく言ったものだが、内部反乱の危険性については、既に察知済みと見るべきだろう。


だからといって、政府が完全に国民の生活を統制している。
と見るのは早急かもしれない。
海外に点在する中国人の存在までは、さすがに確認できていないに違いない。
そしてこの存在こそが、今回のキーパーソンになるはずだ。
彼らはいざという時、人民解放軍の一員となる義務があるが、果たしてそこは中国人。
利がある方につくだろう。


なにはともあれ、今後の動向を注視していきたい。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

スポンサードリンク






最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
linne
性別:
男性
職業:
モーグリ工科大学 クリスタルエンジニアリング研究科 クリスタルライザー助手
趣味:
バナナの皮むき
自己紹介:
ちゃきちゃきの江戸っ子だが、サイタマ生まれ。
春日部ファイヤーを合言葉に東京征服をたくらむ。

バーコード

ブログ内検索

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 寺子屋フルメタルイノベーションZ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]