忍者ブログ

寺子屋フルメタルイノベーションZ

これまでに見たアニメとか映画とか、読んだ本とか、そういうのの簡単なレビューを書いていこうかなと思っています。といっても、もとは日記のブログなので、やっぱり初心忘れずって感じで日記っぽいのもたまに書いていきます。お風呂で泳ぐです。

   

2015年秋期アニメ

2015年の秋アニメが始まってからしばらくたったわけでして。
そろそろ視聴してるアニメの暫定評価も固まってきたところです。
というわけで、今日はそれらを極端なネタバレを避けつつ、つらつらと書いてみたい。


今期の視聴対象としたアニメは以下の通り。


アクエリオンロゴス
ヤング・ブラック・ジャック
ワンパンマン
アニサン劇場 今際の国のアリス
進撃・巨人中学校
ランス・アンド・マスクス
かみさまみならい
K return of King
落第騎士の英雄譚
コンクリート・レボルティオ
対魔導学園35試験小隊
終物語
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件
ノラガミ


で、以下評価。
評価手法は次の通り:(S(90点以上)>A>B>C>D>E(10点以下))


C+   アクエリオンロゴス
B+   ヤング・ブラック・ジャック
C       ワンパンマン
B+     アニサン劇場 今際の国のアリス
D-  進撃・巨人中学校   (1話のみ)
C    ランス・アンド・マスクス
B    かみさまみならい   (1話のみ)
C+  K return of King
B-  落第騎士の英雄譚
C-  コンクリート・レボルティオ (1話のみ)
C   対魔導学園35試験小隊
E   終物語
A-  俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件
A   ノラガミ


まずアクエリオンロゴス。
前期からの続きで見ている。
プロットなどは落ち着いているため、安定して見ていられるという安心感のようなものがある。
ただし、刺激に欠けるのが弱点か。
16話あたりでは少し面白くなってくる。


ヤングブラックジャック。
いわずもがな、ブラックジャックシリーズ。
独特な世界観と、適度な緊張感、そしてカーブの効いた爽快感のある作品。
今期アニメの中では高評価に入る。


ワンパンマン。
ネット上でオーバーロードの後を継げそうな作品という評判があったので、楽しみにしていたが、完全に肩透かしを食った感じ。
パロディ+ギャグアニメとして見る分には問題ないが、オーバーロードと比較してはダメ。
そもそもこの二作品はベクトルが全然違う。
俺TUEEEEEEEEEEEEEで共通しているという意見もあるようだが、オーバーロードは俺TUEEEEEEEEEじゃない。
主人公モモンガの慎重さそのものが俺TUEEEEEEEEでないことを示している。
他方、ワンパンマンは本当に俺TUEEEEEEEEだ。
つまり違うのだ。根本から違うのだ……。


アニサン劇場 今際の国のアリス
これは意外に面白かった。
3話で終わってしまったのが残念なくらい。
物語の設定はガンツに近い。
違うのは、生身の人間で、ゲーム性が増していること。
ちなみにふっとんだりちぎれたりと結構過激な描写もあるので、18禁向けである。


 進撃・巨人中学校
進撃の巨人を見たことがなかったので、これから入ってみることにした。
ああ、間違いだった。
パロディなので、元ネタを知らないと楽しみようがない。
そのことに気付いたのは一話を見終えた後だった。
というわけで、進撃の巨人を見ていたのなら、きっと評価は変わったことだろう。


ランス・アンド・マスクス
騎士として養育された青年が巻き起こすドラマ。
平凡な内容だが、ぶっとんでもいないので、落ち着いて見ていられる。


かみさまみならい
心温まる話という触れ込みだったので、見た。
どうやら少女向け(幼稚園から小学校中学年くらい?)だったようで、見終えた頃にはなんともいえない空気に。
マーケティング魂に火がついたような部分ばかりに目がいってしまい、こんな風に捉えてしまうなんて、これが大人の階段昇るということなのかと、ある意味切なくなった。


K return of King
Kって、昔やってたアニメだよなぁと思いつつ、懐かしさも手伝ってみた。
プロット展開が微妙なため、話の内容がようわからん時があるのもそのまま。
しかし絵は以前と同様に綺麗。
いや、進化していると思う。
世界観は面白いので、今後が楽しみでもある。


落第騎士の英雄譚
 こういう系の設定、つまり弱い者が強くなってゆくという成長ドラマ(古くはドラゴンボールとか)が好きなので、たとえ萌え萌えきゅんな要素に溢れていたとしても、毎回それなりに楽しみに見ている。


コンクリート・レボルティオ
独特な絵のタッチが素敵なアニメ。
ただしストーリー展開が微妙だったので、一話終了となった。
もう少し視聴時間に余裕があれば、その後も見たかもしれない。


対魔導学園35試験小隊
落第騎士の英雄譚とどうも感じが被って仕方がない作品。
内容は全然違うのだけれども。
落ちこぼれ小隊の奮闘が描かれる。


終物語
5話までがんばって見たが、どうにも我慢ならなくなったので、これで視聴終了とした。
内容に関しては、好きという人は好きなんだろう、という印象を受ける。
だが、こういうのが苦手な人には、徹底してダメというタイプのものだ。
意味のない会話に意味を求める馬鹿らしさ、そして言葉の耳触り感、またプロットの混沌性など、中二病が前面に出ている感じの内容で、イライラ棒を振り回したくなる。
それでも、ギャグを全面に押し出しているのであれば、まだ面白さもあるのだろうが、中途半端に真面目くさっているから、目も当てられない。
シュレディンガーの猫を出せば、なんでも許される、なんでもOKになりそうな世界、そんな感じなのだ。
要するに、帰ってくれ、ウルトラマンといった感じ。
ちなみに上記の説明に苛立ちやむかつきを覚えた人は、きっとこの作品を嫌いになる人だと思う。


俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件
タイトルからしてあれだ、というか楽しみだった作品。
内容は萌え系ではあるものの、それなりに楽しめるものになっている。
プロットも悪くなく、軽快なテンポで話が進んでゆくのも良い。


ノラガミ
現時点で、今期ナンバーワンの作品。
初回は微妙だなぁと思って見ていたが、2回以降だんだん面白くなってきた。
分かり易い内容なので、物語の中にすっと入りこむ事が出来るのも良い。
この点は 終物語と真逆である。
分かり易い内容を、わざわざ難解にして、ちくわぶみたいにひねりを加えている、そんな感じなのが終物語。
ノラガミの世界観は、日本の八百万神を題材にしており、神話が好きな人も楽しめるんじゃないかと思う。


と、以上こんな感じ。
今期はまだ半分も来ていないので、今後がどうなるのか楽しみなところでもある。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

スポンサードリンク







最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
linne
性別:
男性
職業:
モーグリ工科大学 クリスタルエンジニアリング研究科 クリスタルライザー助手
趣味:
バナナの皮むき
自己紹介:
ちゃきちゃきの江戸っ子だが、サイタマ生まれ。
春日部ファイヤーを合言葉に東京征服をたくらむ。

バーコード

ブログ内検索

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 寺子屋フルメタルイノベーションZ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]