忍者ブログ

寺子屋フルメタルイノベーションZ

これまでに見たアニメとか映画とか、読んだ本とか、そういうのの簡単なレビューを書いていこうかなと思っています。といっても、もとは日記のブログなので、やっぱり初心忘れずって感じで日記っぽいのもたまに書いていきます。お風呂で泳ぐです。

   

秋葉原

ヨドバシに行く予定があったのに、なんか色々とやることが増えてしまって、外出できず。
結局、家の中でゲームすることになってしまった。
早く、ファイヤーエンブレムやりたいーとか思いながら、ゲームした。
ただし、今度のファイヤーエンブレムは携帯ゲームにあるような、拝金主義っぽい臭いがあって、ちょっと不快感。


3DSの本体更新によるすれちがい通信の機能充実でも、嫌な感じを受けていたんだけどさ、最近はこういうのが流行ってんのかな?
本体で金とって、さらにコンテンツを後出しでばら売りして金儲け。

ばら売りに関しては、アップデートといえば聞こえはいい。
だけど、そんなん企画段階で全部煮詰めてから出せよと思うなぁ。
どうしても企画段階で入らなかったとかそういうのは仕方ないと思うけど、小出しするもんじゃないよ。
小出しできるってことはさ、初めの企画段階から、小出しのアップデートにしましょうねって言ってるようなもんやで。
アップデートは大型のが5年スパンくらいで数回或る程度でええ。



そういや先週、プレミアム旅行券でいわてに泊ろうという企画があったので、思い切って申しこもうと思ったのよ。
そしたら、速攻で売り切れてやんの。

いい旅、いわて
http://www.iwatetabi.jp/visit/index.html

6000円として使える券を3000円で売るってんだから、そりゃ売れるよな。
ただし色々と細かい制限があって、たとえば連泊では2泊までとか、おつりはでないとか云々。
ちなみに半額で出した分、残りの半額は税金で補填なんだよな。
要するに、喜んで買ってもさ、実際は尻のポッケに入った財布から、3000円すでに税金として国が抜き取ってるようなもんで、得はしていないってはなし。
それでも、単純に抜かれ損は嫌だから、買った方がいいよな。

と思ったりなんだりして、買おうとしたわけよ。買えなかったけどさ。

で、よくよく見たら、一人で買える枚数とか制限してないのね。
一応、一度に購入できる枚数ってのはあるけど、制限があるわけじゃないから、買う気になれば、いくらでもいけちゃう。
こういうの正直やめてほしいなと思う。
割引券だから、テンバイヤーが転売したとしても儲かる額も限られてはくるけど、それでも欲しい人に行きわたらないってのはさ、税金補填という券の特質を考慮するなら、よろしくないよなぁって思うわけよ。


プレミアム商品券だっけ?
あれもそれで問題になったらしいね。
公明党が実現しました!とかポスター貼ってんの見たけどさ、そういう話を聞くと、党の宣伝どころか逆と効果だよなって。
とにかくやるからには、きちんと対策経てなくちゃ。
お役所仕事っていうか、大味すぎるんだよ。


こういう状況を、月曜から夜更かし風にたとえるならさ、エヴィバーディーに配布しろってことだよ。
この感覚、マツコ・デラックスなら分かってくれると思うんだよな。
ウッヒャッヒャとか笑いながら、村上に十六門キックしてくれそう。
その時、俺が見たいのは、その瞬間のスーパースロー映像なんだよ。
マツコの肉体とか村上の頬の揺れ具合とか、波動理論に裏打ちされた長周期振動に内震えるマツコと村上の超絶映像、そういうのでいいんだよ。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

スポンサードリンク







最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
linne
性別:
男性
職業:
モーグリ工科大学 クリスタルエンジニアリング研究科 クリスタルライザー助手
趣味:
バナナの皮むき
自己紹介:
ちゃきちゃきの江戸っ子だが、サイタマ生まれ。
春日部ファイヤーを合言葉に東京征服をたくらむ。

バーコード

ブログ内検索

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 寺子屋フルメタルイノベーションZ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]